月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

債務上限引き上げの可能性と現状についてまとめ。市場は早期の決着を期待【10月10日のFXトレード結果】 [本日の収支]

市場は今週中の早期決着を期待しているようで、短期的にでも債務上限が引き上げられれば、ドルが買い戻されるという想定の元、円全面安でもありドル全面高の展開となっています。つまり、今週の相場的には今日明日中に決まるかどうかが焦点ですが、まずは現状についてまとめていきましょう(*´ω`*)

今のところ具体的な進展はありませんが、民主党と共和党の両党が共に短期間の債務上限引き上げ措置について、前向きな姿勢を示していることは確かです。まずはデフォルト(債務不履行)の回避へ向けた第一歩を踏み出したというところでしょうか。

ここからはまた交渉ということになるのですが、まずはその短期的な債務上限の引き上げの期間について、現段階では2015年以降に棚上げするというのが有力視されています。まず数ヶ月といった期間で、債務上限が引き上げられるのであれば、市場としてはかなり安心感が得られると考えれるため、それなりにドル買いの動きが出てきそうです。

ただし、数週間(2~3週間前後)となった場合には、目先のデフォルトリスクは確かに解消されるのですが、この程度の期間では、民主党と共和党の溝が埋まるのかといった疑問も出てくると思われますので、値動きとしては限定的になる可能性を想定しておきたいところです。

そして、問題は実際に引き上げられる可能性についてですが、これはかなりの確率というか、短期的な引き上げはほぼ100%行われるでしょう。まぁここまで来てアメリカがデフォルトに陥るというのは考え難いですからね(b´∀`)ネッ!

しかしながら、週内に決着するというのは甘い見通しなのかなと思います。というのも、民主党のオバマ大統領側はいかなる政策上の条件もつけないと主張しており、短期的な債務上限の引き上げに合意する代わりに、何らかの条件を付与したい共和党側とはやはり隔たりがあるのが現実です。

最近の世論調査で共和党の支持率、好感度ともに下がっており、今回の財政協議で敵役にされつつある現状を考えると、早めに共和党が方針転換するのではないかという報道もありますが、果たしてどうなるか・・・といったところです。

ゆきママ個人的には早期決着は難しいのではないかな~とい気がするのですが、当たるかどうかはかなり微妙なので、あまり当てにしないようにしてください(;´∀`)アテニハナリマセン…

現状についてはこんなところですが、そんな中でまず注目したいのは下院共和党指導部が本日の24:00ごろに記者会見を予定しているので、そこで今後の共和党の方針というのを見極めたいところですね。新たな案が提示されるなどすれば、内容次第でドル・円が一段高となる可能性もありますが、中身が微妙だったり方針が示されないようであれば失望の売りもあるかと思いますので、この時間帯にトレードする際はご注意を!



債務上限の短期引き上げに関するアメリカの現状についてはこんなところ。それではここからは昨日今日のドル・円相場を見ていきましょう。

昨日の海外市場は、1ドル=97.10~97.60円台での値動きとなりましたが、概ね小幅な値動きにとどまりました。欧州市場は、小動きで様子見ムードとなりました。東京市場では堅調な推移となっていましたが、欧州勢は見極めたいとの向きが強かったのか動意に乏しい展開となりました。

NY市場では、序盤はほとんど動きがありませんでしたが、与野党の動きに進展が見られないことからNYダウが下落し、それに合わせてドル・円も値を下げました。しかしながら、(米)FOMC議事録が発表されると、ハト派的な内容ではなく前回の緩和縮小見送りもギリギリの判断であったとのことから、早期縮小開始期待が高まって急騰しました。ただし、ここ最近の先行き不透明感を反映してか、すぐさま反落して元通りの水準になりました。

今日の東京市場は、1ドル=97.30~97.80円台での堅調な推移となりました。財政協議進展への期待感や、これまで売られていた株の買戻しなどがあり、日経平均株価が上昇し、それに合わせてドル・円もしっかりと上値を伸ばすといった展開でした。

結構強めの流れが来ていますね。要はそれだけ債務上限引き上げに対する期待感の強さということでもありますが、それが裏切られないことを祈るばかりです。

今後のドル・円相場について考えていくと、今日はイベントが豊富な1日となっています↓

21:30 (米)新規失業保険申請件数
21:30 (米)ルー米財務長官、上院財政委員会公聴会証言
22:00 (欧)ドラギECB総裁講演
22:30 (米)ラガルドIMF専務理事、記者会見
22:45 (米)ブラード・セントルイス連銀総裁講演
25:00 (日)黒田日銀総裁講演、ブレトン・ウッズ委員会ワシントン
26:00 (米)30年債入札(350億$)
26:45 (米)タルーロFRB理事講演
27:30 (米)ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演

G20財務相・中央銀行総裁会議が行われるということもあり、今日は断続的に要人発言が続きますので、この時間帯にトレードする場合は、ニュースのヘッドラインを常に注視しておく必要があるでしょう。

ただ、一番の注目は先に書いた米国の債務上限引き上げに関する協議の行方ですので、それについては必ず意識しておくようにしましょう。24:00からの共和党指導部の記者会見にも注目です!

トレード結果報告@DMM FX-3,450円(1勝1敗)
sfx1234.png

う~ん、今日も冴えない結果に・・・。今週は本当に絶不調ですね。先週はあれだけ勝てたのに。・゚・(ノД`)・゚・。 欧州時間帯は動きが読みやすいのでトレードしていましたが、今週は微妙な動きをするので明日は東京時間帯にトレードしてみるかもしれません・・・。

sfx1235.png
↑エントリーと決済まとめ。青の矢印が新規エントリーで、ピンクの矢印が決済のタイミングです。

東京市場は堅調な推移でしたが、欧州勢参入後はやや弱めの動きだったので、今日も狭いレンジでモミ合うのかなと予想していました。レンジ相場なので、売っても買ってもどちらでも良いという相場ではありましたが、序盤に弱含んだのが気になって、戻り売り気味のトレードをしていくことにしました。

1回目のトレードは、序盤にからやや値を戻した辺りからショート(売り)でエントリーしました。この勢いだと高値更新は無いと見ていましたし、97.60~96.80円近辺でのモミ合いに終始するのではないかと考えていました。しかしながら、あっさり上抜けてしまったので、泣く泣く損切りして-8,400円

2回目のトレードは、上振れ後に97.80円ラインがかなり固かったことや、流れ的にも円全面安で株高といった展開だったので、流れに沿えば間違いないだろうと思い、ロング(買い)でエントリーしました。ただ、動きが無さ過ぎたというか、やはりモミ合い気味だったので、早めに決済して今日の取引を終えました。+4,950円

ちなみにその時のリアルタイムポジションツイッター実況はコチラ↓

ほぼ毎日こうやってトレードの際のリアルポジションについてつぶやいていますので、興味がある方はフォローお気軽にどうぞです(*´ω`*)フォローカエシマス ちなみにmixiもやってます♪

う~ん、今日の収支は-3,450円でした( ´゚д゚`)アチャー 今週は本当にいいところが無く負けてしまっていますね。先週と違って欧州時間帯の流れが見極められないことが要因かもしれません。ただ、東京時間帯はかなり素直な動きをしているので、明日は時間があれば東京時間帯にトレードしようかなと思っています。調子の良いときもあれば悪いときもあるので、少し明日は変化をつけることも考えつつ、トレードしていく予定です。

それにしても昨日今日と疲れが酷いですね。結構寝てるのに目が疲れて疲れてショボショボに・・・(´*ω*`)ショボショボ… 調子が悪いのは体調のせいもあるのかな・・・なんて言い訳をしてみたりw そんなことはたぶん無いですね。

そしてドル・円は98円台に行きそうで行かないですね。この辺はアメリカの財政協議などの結果待ちといったところかもしれません。あまり成果が無いようだと反落する可能性もありますので、あまり深追いしすぎないようにお気をつけてくださいね。

大体今日はこんなところでしょうか。そういえば話は変わりますが、リーガルハイ2は微妙すぎませんかね・・・。半沢が当たり役過ぎて堺さんが・・・\(^o^)/ この辺もあまり気にせず楽しめたらと思うのですが、やはり頭にちらつくううううぅうう(ノ∀`)アチャー

とりあえず、明日はいろいろ気持ちを切り替えてトレードしていこうと思います。それではまた明日(´∀`*)ノシ 


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いしますd(´・ω-*)

↓ニャンちゃんにもポチ!やる気につながります(*´∀`)Ωヨッシャ♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
10月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定特別現金がもらえるお得なキャンペーンを実施中ヾ(´∀`*)ノ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ひまわりFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、ヒロセ通商FXブロードネットひまわりFXマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)

緩和縮小見送りは「ギリギリ」の決定だった!昨夜のFOMC議事録について簡単解説まとめ [市場概況]

本当は朝にアップする予定でしたが、ゆきママも昨日の疲れからなかなかやる気が出ず、午前中は体力の回復に努めておりました(;´∀`)ゴメンナサイ

さて、それでは本題になりますが、今日の午前3:00に発表された(米)FOMC議事録公表(9月17・18日分)について、簡単にまとめておきたいと思います。

前回の9月FOMCでは、QE(量的緩和)の縮小が行われると見られていましたが、結局は予想に反して縮小を見送ることになり、市場では大きなサプライズとして受け取られました。今回はその決定に至るプロセスが公表されたということで、その中でどんな話し合いが行われていたのかについて注目されていました。

そして肝心の議事録の中身を見ていくと、年内のQE縮小開始について依然として幅広い支持があることを示唆しています。また、投票権を持たないメンバーも、年内の縮小と2014年半ばに終了させることが適切となる公算が大きいと判断しているとのことで、きわどい所で縮小を見送ったという内容が見て取れました。

sfx1233.png
↑QE早期縮小期待が高まり急上昇!が、すぐに元通り・・・

そんな議事録の内容を受けて、QEの早期縮小へ対する期待感が高まって、ドル・円相場も急上昇を見せましたが、この日も最も注目されていたのが米財政協議の行方ということもあってか、すぐに反落して値動きは限定的でした。

■03:00(米)FOMC議事録公表(要旨まとめ)
メンバーの大半が年内の緩和縮小と2014年半ばの停止を想定
複数のメンバーにとって緩和を維持することは比較的ぎりぎりの決定
・一部メンバーは景気改善の継続を示す一段の証拠が必要とした
・一部メンバーは小幅な資産買い入れ縮小を求めた

大体こんなところでしょうか(*´ω`*) まぁ緩和縮小見送りも決定しながらも、中身としてはタカ派的というか、年内の縮小開始はほぼ間違いなさそうな感じにはなっています。

ただ、問題は現在のアメリカで財政協議が難航していることから予算案が成立せず、一部政府機関が閉鎖状態となっており、景気へのダメージはもちろんですが、経済指標の統計調査や発表が行われない状態となっているので、FRBも判断材料が無い状態が続いています(ノ∀`)アチャー

今後の景気改善の継続を示す一段の証拠を待ちたいとしているメンバーもいる中で、その証拠が得られる可能性がないという現在の状況では、やはり今後の先行き見通しとしては不透明感が増しているといえるでしょう。

というわけで、全体的には年内の縮小開始がほぼ確実!といった内容でしたが、現在のアメリカの状態を考えると、雲行きが怪しくなってきたのかなといった面もあるというのが、今回のFOMC議事録公表の簡単な見方となっていると思います(∀`*ゞ)

ちなみに財政問題については、昨日今日の段階で特に進展はありませんが、特に債務上限については短期的にでも早期に引き上げておくというコンセンサスが、両党の間で広がりつつあるという見方が強まっているようです。

というのも最近の世論調査では、野党である共和党の支持率、好感度ともに下がっており、今回のゴタゴタの悪役にされつつあります。なので、共和党としては交渉戦術を改めて、一旦は債務上限の短期的な引き上げに同意して最悪の事態を回避し、良識のある政党であるということアピールしていく・・・という予想があるようですね(b´∀`)ネッ!

とりあえず短期的にでも債務上限が引き上げられれば、目先のデフォルトリスクは解消されるわけですから、もちろんドル高要因となります。今日の東京市場は、早期決着を期待して株価やドル・円相場も堅調推移となっていますね。

まぁ欧州市場もこういった動きとなればわかりやすい相場となりそうです。ゆきママも欧州の反応を見て、買うか売るか決めつつトレードしていきたいと思います。それではまた夜に!(*´∀`*)ノ[☆゚.+:。★彡see you★彡゚.+:。☆]ヽ(*´∀`*)


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いしますd(´・ω-*)

↓ニャンちゃんにもポチ!やる気につながります(*´∀`)Ωヨッシャ♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
10月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定特別現金がもらえるお得なキャンペーンを実施中ヾ(´∀`*)ノ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ひまわりFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、ヒロセ通商FXブロードネットひまわりFXマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)