月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

【財政協議不調】為替相場(ドル円)~今週(30~4日)総括と来週の展望~【雇用統計中止】 [市場概況]

相変わらずアメリカの財政協議は難航しており、解決の糸口が見えない状況が続いています。今週もそんな流れから、政府機関の一時閉鎖(シャットダウン)が17年ぶりに決定し、その後も先行き不透明感が重石となり、弱い展開が続きました(|||´Д`)ゞサキガミエナイ…

しかもシャットダウンにより、メインとなるはずであった(米)9月雇用統計が延期されるなどしたため、相場の見通しがつきにくく、全体的に様子見ムードとなったことも、冴えない値動きの要因でしょう。

比較的短期で終わるのではないかと見られた政府機関の閉鎖ですが、かなり長引きそうですね。政府機関への依存度の高い業界にとっては、閉鎖は致命的なダメージとなることから、景気への影響もそろそろ心配され始めているようです。

こんな状態の中で来週を迎えるわけですが、市場が最も警戒しているのはこの先にある債務上限問題でしょう。10月17日までに債務上限が引き上げられなければ、史上初のデフォルト(債務不履行)に陥る可能性があります((ノ)゚Д゚(ヽ))ハサンダー!!

もっとも10月末ぐらいがデットラインとのことですが、とりあえず17日が近づくにつれて、懸念は大きくなっていくでしょう。現段階では市場も単なるいつもの恒例行事として楽観視している向きが強いですが、そろそろ不安も広がってくるころなので、来週もアメリカの与野党の動きがメインとなってきそうです。

sfx1223.png
↑9月30日~10月4日の週。ドル円相場は1ドル=96.92~98.72円

今週の総括:与野党協議の不調が重石に…

30日の東京市場のドル・円相場は1ドル=97.60~98.00円台での値動きだった。米財政協議の難航を嫌気する形で、週明けのこの日は下窓スタートとなった。日経平均が下げ渋って反発したことで、ドル・円も値を戻す場面も見られたが、その後はジリジリと値を下げながらのモミ合いだった。
 海外市場は1ドル=97.50~98.40円台で大きく上下した。欧州市場は、イタリアを中心に株価が下落したことで、ドル・円も軟調な値動きとなった。米長期金利の下落も影響した。NY市場でも、流れは止まらず下落スタート。ただ、その後は買い戻しも入り下げ渋り、米長期金利が戻し始めたことから反発した。そして(米)9月シカゴ購買部協会景気指数が好結果だったことや、直前になって財政協議が合意に達する可能性などが報じられたことから大きく上昇。しかしながら、上院が予算案を否決したことから、政府機関の閉鎖の可能性が高まったことで、伸び悩んで取引を終えた。

1日の東京市場は、1ドル=98.10~98.70円台での値動き。序盤に(日)Q3日銀短観が発表され、好結果となったことを受けて、日経平均株価が上昇し、それに合わせてドル・円も高値圏へ。しかしながら、日本時間13:00に米議会が暫定予算案を成立させられなかったことで、政府機関の閉鎖が決定的となり、ドル売りに転じ反落した。
 海外市場は、1ドル=97.60~98.70円台でレンジ内で大きく上下した。欧州市場では、18:00に始まる安倍首相の会見に対する期待感からか、上昇する場面もあったが、法人減税について具体的な実施時期などへの言及はなく、失望感から円買いが強まって急落した。NY市場では、ドル売りが一服して上昇する場面も見られた。政府機関の閉鎖が本格化する中でも、一部には長期化せずに短期で終わるとの楽観的な見方が広がったことや、(米)9月ISM製造業景況指数が好結果だったことを受けて、98円台に復帰。ただその後は伸び悩んで、押し戻されて取引を終えた。

2日の東京市場は、1ドル=97.60~98.10円台でリスク回避の軟調推移となった。前日のNY市場で、米財政協議に対する懸念が一服したことから、序盤は高値圏での値動きだった。しかしながら、昨日の安倍首相の会見から、消費税引き上げや経済対策など一定の材料が出尽くしたとの見方から、先物を中心にして売り圧力が強まり、日経平均株価が300円を超える下落となったことで、それにつられる形でドル・円も値を下げるという展開だった。
 海外市場は、1ドル=97.10~98.10円台で大きく下落した。東京市場の流れを引き継ぐ形で、欧州株も値下がりスタート。また米長期金利も低下していたことなどから、リスク回避の円買いが続き、目先のサポートラインであった97.50円をあっさりと割り込むと、ストップロスを巻き込みながら急落した。NY市場では、(米)ADP雇用統計が発表され、予想よりも弱い結果だったことから再び下落しました。しかしながら、オバマ大統領と議会代表会談が行われるとの報道で、期待感からNYダウが反発し、それに合わせてドル・円も値を戻す場面も。ただ、依然として米財政協議に進展がなかったことなどから上値は重く、再びジリジリと値を下げた。

3日の東京市場は、1ドル=97.20~97.70円台で堅調な値動き。序盤は下値圏でのモミ合いだったが、前日の自律反発という面もあり日経平均がプラスに転じると、実需筋からのまとまった規模でのドル買いや短期筋の買戻しが集中し、大きく上昇した。
 海外市場は、1ドル=96.90~97.80円台で軟調な推移となりました。欧州市場は、伊政局不安がレッタ首相の議会信任で安定化に向かったことなどを材料視して、欧州株が堅調なスタートとなったことや、米長期金利も上昇していたことで、ドル・円もジリジリと上昇し高値をつけた。ただ、米財政協議が不調となっていることから上値が重く、その後はやや押し戻された。NY市場では、まず(米)新規失業保険申請件数が発表され、+30.8万件と前回に続きかなりの好結果となったが、事前予想の範囲内というせいか反応に乏しかった。そしてその後発表された、(米)ISM非製造業景況指数が大きく悪化したことにはドル売りで反応し1ヶ月ぶりに96円台に突入。NYダウ平均株価も15,000ドル台の大台を割り込んだ。しかしながらこれ以上、下値を試すという動きは無く一旦確認した後はやや値を戻して取引を終えた。

4日の東京市場は、1ドル=97.00~97.40円台のレンジ内で上下。序盤から方向感の無い調整的なモミ合いが続いた。日銀の金融政策発表前後に、海外勢からと見られる売り仕掛けもありましたが、それに追従する動きは無く、すぐさま値を戻してレンジ内での値動きにとどまった。ちなみに日銀・金融政策発表は全員一致での現状維持の据え置き判断
 海外市場は、1ドル=96.90~97.40円台で反発した。欧州市場は、軟調な値動きで97円台を割り込む場面も見られた。ただ、その後は値を戻すなど、いずれにせよ週末へ向けた調整的な動きにとどまっている。NY市場では、ドルが買い戻された。NYダウ平均の自律反発や米長期金利の反転などを受けて、ドル・円も上昇した。値ごろ感もあった他、週末へかけての財政協議の進展を期待した動きと見られる。


来週の展望:米財政協議に焦点が絞られそう

今週は本当に上値が押さえつけられる展開となりました。何らかの材料で上昇する場面も見られましたが、上値は重く結局は押し戻されるという値動きが続いています。

恐らく来週もその動きは続くものと見られ、今日明日で急転直下の決着とならなければ、引き続きアメリカの財政協議を見守るといった感じになってくるでしょう(・ω・。)ジー

現段階では、報道で騒がれているほど市場がネガティブという状態にはないと思います。デフォルトという単語を頻繁に見かけますが、相変わらずアメリカ国債は買われ続け、むしろ米長期金利(10年債利回り)は低下しています。背景には今回の政府機関閉鎖で、経済へのダメージを懸念しているというのもありますが・・・。

なので、市場には未だに楽観視する向きが根強いと思われますが、来週も進展が無いようだとそろそろ・・・という感じがします。特に、米長期金利が急上昇し始めた場合は要注意でしょう。そうなった場合、かなり市場も警戒し始めたということになります(ノд<。`)ャベー

しかしながら、現実にそうなった(米長期金利が上昇した)場合、ドル・円がどう動くのかという部分についてはちょっと未知数な面があります。

というのも、米長期金利の上昇自体はドル高要因となります。ですが、デフォルトを織り込んだ長期金利の上昇というのは、果たしてドル高要因となり得るのかという問題が出てきます。実際にデフォルトとなってしまえば、貨幣価値は下がりますから、これはドル安要因となってしまいますからねφ(-ω-)カキカキ…

というわけで、米長期金利が急騰したときのドル・円の動きというのが1つポイントとなりそうです。一旦はドル高に振れるかもしれませんが、その後はやはりわからないといった感じ。荒れる展開も十分考えられますので、いつもより注意深く見ておきたいところでしょう。

 来週注目の経済指標(ドル円)
 7日(月):14:00 (日)8月景気一致CI指数 他
 8日(火):21:30 (米)8月貿易収支 他
 9日(水):23:00 (米) 8月卸売売上高前月比 他
10日(木):21:30 (米)新規失業保険申請件数 他
11日(金):21:30 (米)9月PPI・PPIコア、9月小売売上高

来週はショボショボですね(´ノω・。)シュン まぁ暫定予算が早期成立して、政府機関が再開すればこの中に雇用統計が組み込まれる可能性もありますが・・・。そうなった場合は、都度ブログでお知らせしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

基本的に上値は重そうなんですけどね。財政協議に進展があれば、ドル買いで動くと思いますが、先にある『債務上限問題』もあることから、それほどリスクオンムードにはならなさそうです。一応は今週みたいな相場を想定しています。

大体こんな感じでまとめとさせていただきます。それから最後になりますが、今月もワントレード(1万通貨・1,000通貨取引)でキャッシュバック(現金)がもらえるキャンペーンを実施していますので、ぜひご活用ください(ノ´∀`*)↓

セントラルミラートレーダー5,000円紹介記事
シストレ245,000円紹介記事
DMM FX(当ブログ限定4,000円紹介記事
ヒロセ通商(当ブログ限定1,000円紹介記事
FXブロードネット(当ブログ限定図書券3,000円紹介記事

というわけで、1週間お疲れ様でした。また明後日からは新たな相場が始まりますね。とりあえず早めにアメリカの諸問題に決着がつくことを祈るばかりです。

ゆきママ的には今週は本当に絶好調だったので、似たような相場が続くといいな~なんてw とにかく来週も稼ぎまくれるよう頑張ります(∀`*ゞ)ガンバル!


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いしますd(´・ω-*)

↓ニャンちゃんにもポチ!やる気につながります(*´∀`)Ωヨッシャ♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
10月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定特別現金がもらえるお得なキャンペーンを実施中ヾ(´∀`*)ノ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ひまわりFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、ヒロセ通商FXブロードネットひまわりFXマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感