月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

【雇用統計】為替相場(ドル円)~今週(2~6日)総括と来週の展望~【東京五輪決定!】 [市場概況]

まずは東京オリンピック開催決定おめでとうございますo(・д・´*)9ケッテイ!! 正直、賛否両論いろいろあると思いますし、ゆきママ的にも考える部分はあるのですが、決定した以上は盛り上がって素晴らしい大会になることを祈ります。

そんなわけで、明日の為替・株価にも期待感が高まりますね。噂で買って事実で売るというパターンもありますが、今回に限っていえば事前の過熱感もなく、それほど市場も織り込んでいなかったと思うので、基本的にはご祝儀相場なのかなと・・・w

まずは短期的な押し上げに、そして7年後ということなので、中長期的な上昇へつながる可能性に期待したいところでしょう。

そんな好材料が出ましたが、週末には(米)8月雇用統計の発表もあり、事前予想を下回るまさかの結果になってしまいました。やはりジブリの呪い恐るべし・・・。これを受けてQE(量的緩和)の9月縮小の可能性は後退したわけで、来週は17~18日に開催されるFOMCに向けて、縮小実施の有無を探っていくことになります。

とりあえず、好材料が出て明日は上昇しそうなドル・円相場ですが、その後は少し注意してみていく必要がありそうです(`・ω・´)ヨウチュウイ!

sfx1157.png
↑9月2日~9月6日の週。ドル円相場は1ドル=98.27~100.21円

今週の総括:100円台突入雇用統計が予想値を下回る

2日の東京市場は、1ドル=98.40~98.60円台と狭いレンジで概ね堅調な値動きとなった。(日)Q2設備投資が予想を上回って日経平均株価が上昇したことや、週末にオバマ大統領がシリア攻撃の承認を議会に求める方針を表明したことで、事実上の結論先送りとなったことから、市場には安心感が広がりリスクオン(選好)ムードが強まった。
 海外市場は、1ドル=98.70~99.40円台と一段高。欧州市場は、日本株の上昇に続く形で欧州株も堅調なスタートとなり、円全面安の展開となった。ストップロスを巻き込みながら99円台にのせるなど力強い値動きが続いた。NY市場は祝日(レーバーデー)で休場となり、全体的に商い薄。NY時間帯は途中小緩む場面も見られたが、底堅さは健在で持ち直して高値圏での値動きが続いた。

3日の東京市場は、1ドル=99.30~99.70円台のレンジで大きな上下となった。日経平均が200円近く上昇して始まったことにつられる形で、序盤から円売り優勢となり上値を伸ばした。ただし、100円付近にかけては売り注文も厚く、一巡後は伸び悩むと、戻り売り勢の売り圧力が高まって下値圏まで押し戻される値動きの荒い展開。終盤には株価の堅調推移を背景に値を戻したが、高値更新には至らず。
 海外市場は、1ドル=99.10~99.80円台でやや値動きの荒い展開となった。欧州市場は、堅調なスタートとなったが、ロシアによるミサイル探知の報道で急落する場面もあった。ただ、情報がはっきりしなかったことなどから、誤報ではないかということが強く意識されて値を戻す。これは後にイスラエルによる迎撃実験と判明した。NY市場では、注目された(米)ISM製造業景況指数が予想を上回る強い結果となり、ドル買いが進んでNYダウも上昇、さらには米長期金利も2.9%台に上昇するなどまさにトリプル高の理想的な流れとなり、100円台に迫る場面も。しかしながら、ベイナー下院議長が「オバマ大統領の対シリア軍事行動を支持する」と表明したことで、100ドル超も上昇していたNYダウが一気にマイナスに転じ、ドル・円も急落した。終盤にかけてはやや値を戻したが、大台達成はならず。

4日の東京市場は、1ドル=99.40~99.80円台でのレンジ内で上下。序盤はベイナーの発言や前日の反動から日経平均もマイナススタートとなり、つられる形でドル・円も下押しされる形となった。また、地震が発生したことなどもそれを後押し。ただ、今週発表されている中国の経済指標が概ね強めの結果が続いたことで、アジア市場全体が堅調な推移をみせたこともあってか、午後に入って日本株が切り返すと、ドル・円もそれに合わせて上昇を見せた。
 海外市場は、1ドル=99.30~99.70円台とやや狭めのレンジでの値動きとなった。欧州市場は、上昇して始まった株価が下落に転じたことで、ジリジリと値を下げる展開。100円手前での売り注文の厚さも意識されて、上値が重かった。NY市場では、(米)7月貿易収支がやや弱い結果となったことで、下値押しの動きもあったが限定的。その後は米国株と米長期金利(10年債利回り)の堅調な動きもあって、再び上昇に転じるも、上院で米軍による限定的なシリア攻撃を承認する決議案を賛成多数で可決したことが伝わると、押し戻された。

5日の東京市場は、1ドル=99.50~99.90円台での値動きとなり、100円の大台に迫った。序盤から方向感に乏しい展開が続き、小高く始まった日経平均にも無反応で、モミ合いたが、終盤に株価がプラ転し一目均衡表の抵抗線を抜けかけた時には反応し、ドル・円も100円台にあと一歩というところまで上昇した。しかし、株価が再び下落に転じたことで、ドル・円も大きく値を下げて取引を終えた。その他、日銀は正午前に金融政策決定会合の結果を公表し、現状維持を全員一致で決定。景気判断を「緩やかに回復している」と上方修正したものの、反応はほとんどなかった。
 海外市場は1ドル=99.60~100.10円台で7月25日以来の100円台を回復した。欧州市場では、欧州株が堅調な滑り出しとなったことや、米長期金利が一段と上昇したことなどを背景にして、東京時間帯で失敗した100円のせを試す動きが再開。するとあっさり大台を突破したが、100円台での利益確定の売りが出たこともあって、その後は反落。NY市場では、(米)8月ADP雇用統計が冴えない結果となったことでやや下押しされるも、(米)新規失業保険申請件数や(米)8月ISM非製造業景況指数が強めの結果だったことから反発して、100円台と高値圏まで上昇した。たださすがにその後は伸び悩んで、100円台でのモミ合いが続いた。

6日の東京市場は、1ドル=99.60~100.20円台で軟調な推移となった。早朝に100.20円台を達成したものの、前日までの反動や米雇用統計を控えていたことなどから調整的な売りも入って、日経平均株価が大きく値を下げたことなどから、それにつられる形でジリジリと値を下げ続ける展開だった。
 海外市場は1ドル=98.50~99.80円台での値動き。欧州市場は、日経平均の下落などを受けて欧州株も値下がりして始まったことから、ドル・円も序盤は軟調なスタートとなり、調整(下落)的な動きが続いた。ただし、その後はやや買い戻されて、雇用統計待ち。注目のNY市場では、(米)8月雇用統計が発表され、冴えない結果となったことで1円幅の急落。さらに下押しされる場面もあったが、NYダウ平均株価がほぼ横ばいで底堅い推移を続けたことや、多くのエコノミストがQEの9月縮小観測を堅持したことなどから買い戻す動きもあって、最終的には99円台で取引を終えた。


来週の展望:QEの行方も気がかりだが、シリアが佳境

冒頭でも少し触れましたが、ジブリの強さをまざまざと見せ付けられることになった8月雇用統計に加えて、6月(前々回分)や7月(前回分)が下方修正されたことで、流石に失望感漂う週末になってしまいました(´;ω;`)

しかしながら、エコノミストらの多くはQE縮小の9月開始という見方を堅持しているなど、まだまだ先の見通せないカオスな状況となっています。とりあえずは17~18日に予定されているFOMCまで、QE縮小時期についての思惑が市場を動かしていくことになりそうです。

そして、QEの今後というのも気になるところですが、いよいよ来週はシリア問題が佳境を迎えることになります。明日9日以降、米国議会が再開されてシリアに対する軍事介入の是非を決定することになります。10日にはオバマ大統領が演説を行う予定で、来週中にも攻撃が行われる可能性があります。

今のところは限定的との話で、市場も悲観的な見方はしていませんが、いずれにせよリスクとは認識されていますし、攻撃がどの程度になり、どのような結果を生むかという点については未知数ですので、当然注目しておく必要があるでしょう。

まぁ序盤はとりあえず東京オリンピック相場になると思うんですけどねヾ(o´∀`o)ノワーイ♪ ただし、長続きするかどうかは微妙なところですので、あまり浮かれすぎず慎重に見ていきたいところです。

来週は多くのエコノミストがQEの9月縮小開始を見込んでいることや、米長期金利の上昇などを考えれば、ある程度はドル買いに傾きそうですが、今のところは100円台のせ程度に止まりそうな印象です。

 来週注目の経済指標(ドル円)
 9日(月):08:50 (日)Q2GDP、Q2GDPデフレータ 他
10日(火)は特になし
11日(水):20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 他
12日(木):21:30 (米)新規失業保険申請件数
13日(金):21:30 (米)8月PPI・PPIコア、8月小売売上高

来週は超小粒ですね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー あまり材料がないので、オリンピック、シリア情勢、QEの行方といったものの推移を見ながらといったところでしょう。

まずはなんといっても東京五輪ですけどね(`ω´)グフフ 株は特に「オリンピック銘柄」とか「五輪銘柄」とかいった表記で、スポーツ用品銘柄やインフラ関連銘柄などに注目が集まっています。

ゆきママもどこか狙ってみたいところではあるのですが、正直どこを狙っていいかちょっと判断に悩むところ。インフラ系は堅そうなんですけどね。まぁでもこの相場ですし、オリンピック+異次元緩和で何を買っても問題なさそうな気がしてます。とりあえず今からでも買っておけば数年後には・・・(゚д゚)ウマー ※あくまで個人の感想です。

とりあえず値ごろ感のある建設系とかセメント系の銘柄を1つぐらいは持っておこうかなという感じで、明日はいろいろ株を物色する予定ではいます。何か買ったらブログで報告させていただきますので、どうぞよろしくお願いします(ノ´∀`*)

大体こんな感じでまとめとさせていただきます。それにしても100円台をあっさり突破するとは驚きでしたね。やはり日米の金利差を意識した動きが続いているようで、今後も期待。ゆきママも9月にはいってからはトレードもそこそこ好調なので、本当にオリンピック祝儀と合わせて稼いでいきたいです。

というわけで、今週も1週間、本当にありがとうございました。また明日もお会いしましょう(´∀`*)ノシソレデハマタネ!


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(人・ω・*)

↓ニャンちゃんにもポチ!やる気につながります( >ω<)9ヨッシャ♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
9月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金商品券がもらえるお得なキャンペーンを実施中(〃∀〃)ゞ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラルミラートレーダー紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ひまわりFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、セントラルミラートレーダーヒロセ通商FXブロードネットひまわりFXマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(75)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感