【ドル高】8月米雇用統計を簡単解説総まとめ!9月利上げの可能性は排除されず【見解割れる】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【ドル高】8月米雇用統計を簡単解説総まとめ!9月利上げの可能性は排除されず【見解割れる】 [市場概況]

先週末発表された(米)8月雇用統計(雇用者数・失業率)はやや弱めの結果となったものの、ゆきママの予想通りドル高の展開となりました(`・ω・´+) キリッ

【8月米雇用統計】良すぎれば波乱も?意外に低い利上げのハードル、102~105円想定=ゆきママ (外部サイト)
【利上げ】8月米雇用統計はどうなる?先行指標&展望・予想まとめ【9月2日】

まぁ基本的に上目線としていましたが、やはり9月利上げが完全に否定される結果とならなかったため、ドルが買われる展開となっています。とはいえ、実際に9月にあるかどうかといえば、これまた悩ましいところです。

sfxmnpc1921.png
FRBの次なる行動は???エコノミストの意見も割れています。

う〜ん、全体的に微妙な結果になってしまいましたからね。ないわけではないけど、あるかというと微妙というかσ(´ε`;)ウーン…

それでは、今回もいつものように雇用統計の結果について詳しく解説しつつ、エコノミストらの見解や今後のドル相場の展望を含めてまとめておきますので、ぜひ最後までお読みいただければ幸いです。

数か月単位のトレンドで見ればまずまずで…

 2か月連続で+20万人後半という雇用の伸びがありましたから、予想を大幅に下回らない限りはトレンドとしてはまずまずといった感じ。結局のところ、ハードルの低さにも助けられたでしょうか↓

■21:30 (米)8月雇用統計(雇用者数・失業率)
・非農業部門雇用者数
【予想】+18.0万人
【結果】+15.1万人
・失業率
【予想】4.9%
【結果】4.9%
・賃金上昇率
【予想】+0.2%
【結果】+0.1%

少なくともポジティブな数字ではないです。とはいえ、非農業部門雇用者数については、3か月平均、12か月平均でいえば+20万人という節目を超えていますから、この結果で特段に悪いとはいえないでしょうc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

また、賃金上昇率は前月比+0.1%・前年比+2.4%とイマイチな結果となっていますが、前回の7月分が上方修正されて前年比+2.7%となっていたことを考えると、将来的には加速してくるのかなということも十分考えられます。

失業率については、もはや完全雇用に近いとされる状態ですので、大きく悪化しない限りは問題視されません。

そして、この結果を受けて初動はドル売りで反応しましたが、結局は大きく反発して上値を伸ばしました↓

sfxmnpc1922.png
↑発表後のドル円チャート。最終的には104円台に突入しました!

まぁいつものパターンというか、初動はどうしても非農業部門雇用者数の数字に反応しがちですが、その後は数字の見直し、意味付けが進んでくるのでそれに沿った動きとなりますヽ( ・∀・)ノ↑age↑

今回は事前予想にも書いていたように、9月利上げが完全に否定されるような結果とならなければ底堅くドル買いが続くとしていたように、可能性が残る以上はドルを安心して売れないということで、ショートカバーを含めてドルが買われました

9月利上げなしが優勢ですがドル安限界説も…

 それから、イエレンFRB議長が重視しているとされる雇用指標(イエレン・ダッシュボード)については以下のようになっています↓

イエレン・ダッシュボード(雇用関連指標) 比較一覧
指標名  前回(7月)   今回(8月) 
 賃金上昇率  +0.3% +0.1%
 労働参加率  62.8% 62.8%
 長期失業者率   26.6%  26.1%
 広義の失業率(U6失業率)  9.7% 9.7%
は改善、は悪化を示しています。

 ・賃金上昇率:1時間あたりの平均時給の前月比
 ・労働参加率:生産年齢人口(15~64歳)に占める労働人口の割合
 ・長期失業者率:総失業者数に占める長期(27週以上)の失業者の割合
 ・広義の失業率:フルタイム就業希望者がパートタイムの場合も失業扱い

※イエレン・ダッシュボードには、この他にも求人率や退職率、解雇率、入職率といったものも含まれるのですが、それらは雇用統計ではなく雇用動態調査(JOLTS)で発表されるので、割愛しています。

まぁ特段どうこうという数字はないですね。労働参加率も相変わらず低いままですし。この辺が変わってくると市場の受け止め方も変化してきそうな気はしますが。

そして、エコノミストらの評価としては、やや物足りないといったところでしょうか。9月の利上げを指摘する声もありますが、やはり見送るのではないかとの見方が大勢となっています(´・ω・ヾノ)ナイナイ

確かに微妙といえば微妙でしたからね。予想をやや上回る程度の強さがあれば、ドルはもう一段上昇したのかもしれませんが、この数字は9月利上げを確信させるほどではありませんからね。

とはいえ、流石に12月はやるだろうといった見解を示すエコノミストがかなり増えていますし、年内利上げがある以上、この水準からはなかなかドルを売りにくいといった指摘もありました。

気になる今後の展望については、とりあえずドル売りは一服といった雰囲気になっていますが、105円近辺には今年に入ってずっと阻まれ続けている一目均衡表の雲がありますので、さらなる材料なしに抜けきるのはなかなか難しいのかなと(ヾノ・ω・`) ムリムリ

結局のところ、まだまだ1ドル=100〜105円というレンジ内での動きでしかありませんから、しっかり抜けきるまではレンジを意識しながらといったところでしょう。あとは9月21日の日米の金融政策でどうなるかでしょうね。というわけで、今週も関連報道に注意しながら相場を見ていただければと思います。


↓ブログランキング参加中!1日1回応援ポチお願いしますฅ•ω•ฅオニャガイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチッ!ゆきママのやる気がアップする?ʕ´•ᴥ•`ʔ


お月見-●●●-c(ω`c ) オダンゴヨリモ… CB美味しいc⌒っ゚Д゚)っ[10,000]
9月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

[195,000]ユキチ×20マイゲットニャー!! ฅ(ΦωΦฅ)༄༅༄༅༄༅

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラル短資FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
 1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
 乱高下で絶好調!マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0