【月例経済報告】1年ぶりに景気判断を下方修正!追加緩和への布石期待も?【10月14日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【月例経済報告】1年ぶりに景気判断を下方修正!追加緩和への布石期待も?【10月14日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

景気悪いですからね(*´・ω)(ω・`*)ネー 少なくとも私の周りでそれほど景気の良い話題というのはありません。ある意味ではかなり二極化が進んでいるのかもしれません。

というわけで、タイトルにもある通り、日本政府は今月の月例報告で景気の現状について、緩やかな回復基調は続いているとしながらも、中国経済の減速の影響で企業の生産に減少が見られることから一部に弱さも見られる」としており、景気判断を1年ぶりに下方修正しています。

sfxmnpc0869.png
↑経済指標の悪化が続き、アベノミクスの陰りが鮮明となってきましたが…。

まぁこの問題については後ほどやっていくとして、昨日から今日にかけてのドル・円相場を振り返るとやはり株価次第といった動きとなっていました。昨日(13日の東京市場は、1ドル=119.80〜120.00円台での小動きでした。序盤こそ120円台を維持していたものの、中国の9月輸入額が前年比で−20%を超える大幅な減少となったことから株安となり、ドル・円も下押されました。

海外市場は、1ドル=119.50〜119.80円台のレンジ内で上下。欧州市場では、東京市場の流れを引き継ぐ形で欧州株が弱含みとなってドル売りが先行しました。NY市場では、NYダウが反発する場面に合わせて高値をつける場面もありましたが、結局は株価が値を下げたことで反落して終えています。

今日も株を積極的に買い進めようという材料がなく、日経平均株かは大幅続落となってしまいましたし、つられる形でドル・円もジワジワと下げてしまっています。

予想通り株価睨みの展開となっていますが、今日は(米)9月小売売上高の発表もありますので、その結果を待ちたいところでしょうか。

というわけで、日本の景気判断引き下げについてまとめつつ、今日明日の展望についても考えていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします(。-`ω´-)ンー

景気判断引き下げは追加緩和の布石との声も…

 結論から言ってしまうと、恐らく今月末の追加緩和はないのでしょうが、この景気判断の引き下げは特に海外勢を中心に期待感を煽る材料とはなりそうですねw (o´m`)。+゚ムフフ

政府がまとめた月例報告を見ていくと、あくまでも中国経済の減速の影響で自動車や電子部品の生産が減少しているとしていましたし、景気の先行きについても米国の利上げで中国を中心にアジアの新興国景気が下振れすることを懸念していました。

なので、結局のところは外部環境ということでしょうか。う〜ん、天候のせいにしたり中国のせいにしたり忙しいですが、そもそも日本は輸出依存度の低い内需国なので、内需がしっかりしているならこんなことはありえないんですけどね(*゚д゚)(゚д゚*)ネー

ちなみに、この肝心の個人消費については、底堅い動き」としながらも消費者マインドの持ち直しに足踏みが見られるとしていました。まぁここ最近はようやく実質賃金が前年比でプラスになり始めていますが、まだまだ増税の悪影響などが残っていますので、厳しい状況が続くことが予想されます。

てなわけで、中国の停滞で外需がダメ、もちろん内需はダメダメな状態が続くとなると、そろそろ例の日銀による追加緩和期待となるわけですが、甘利経済相は景気対策への言及は時期尚早としており、来月発表の7〜9月期GDPの結果によって判断するとしています( ;-`д´-)ァワテナイ…

こういったことから考えると、少なくとも今月中に日銀の追加緩和や政府の財政出動といった政策が発表される可能性は低そうです。まぁGDPが2期連続のマイナスとなったことが確認されれば、この辺の雰囲気も変わってくるかもしれませんので、11月16日発表のGDP・速報値を待つしかないでしょう。

それでも海外勢は追加緩和期待ということで盛り上がりそうですので、ドル・円を中心にクロス円通貨は底堅い動きを続けそうです。

う〜ん、もはやアベノミクスも風前の灯びとなりつつありますが、成功するにせよ失敗するにせよインフレ・円安という流れは避けられそうにありませんから、それに対する備えはしておきたいですねc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

合わせて読みたい関連記事:
【アベノミクス失敗?】トリクルダウン理論が崩壊中!富裕層の資産が激増しただけだった件について…


それから、今日明日の値動きに関しては、まずは(米)9月小売売上高の結果次第でしょう。事前予想から大きくブレるようであれば、レンジ抜けといったことも多少はありえそうなので、注目しておきましょう。



今日明日の経済イベントは以下のようになっています↓

10月14日(水)の主要経済指標・イベントまとめ
時間 経済指標・イベント 重要度 前回 予想
21:30
usa.gif
9月卸売物価指数(前月比) ★★★ 0.0% −0.2%
21:30
usa.gif
9月卸売物価指数・コア(前月比) ★★★ 0.3% 0.1%
21:30
usa.gif
9月小売売上高(前月比) ★★★★ 0.2% 0.2%
21:30
usa.gif
9月小売売上高・除自動車(前月比) ★★★★ 0.1% -0.1%
23:00
usa.gif
8月企業在庫(前月比) ★★★ 0.1% 0.1%
27:00
usa.gif
米地区連銀経済報告(ベージュブック) ★★★★
10月15日(木)午前の主要経済指標・イベントまとめ
09:30
aus.gif
9月新規雇用者数 ★★★ 1.74万人 0.96万人
09:30
aus.gif
9月失業率 ★★★ 6.2% 6.2%
※指標については★★★★★→★★★★★→・・・→★の6段階評価

今日は小売売上高の発表に加え、インフレ指標となるPPI(卸売物価指数)、またベージュブックがあります。これらに事前予想と大きな乖離があれば値動き材料となる可能性もあります。

ただし、あくまでも株価主導の相場となっていることには要注意です。例えば、小売売上高が弱い結果となったとしても、これを利上げ時期後退とみなして株価が上がるようであればドル売りに傾くような相場とならない可能性が高そうなので、株価次第ということも覚えておきたいですね(`・ω・´+) キリッ

それから外為どっとコム口座開設者限定で見ることのできる、市場のオーダー状況(ログイン後マーケット情報ツール外為注文情報)は以下のようになっています↓

sfxmnpc0870.png

ドル・円については、120.00円を中心にドル売り注文が集中しています。利食い&新規の売りによる上値の重さがありそうですね。

↓ゆきママの参考にしている細かな市場のオーダー状況が見れますよ♪↓

関連記事:
【スマホ(iPhone/Android)対応】初心者向け新ツール「ぴたんこテクニカル」紹介!みらい予測チャートやお天気シグナルで一目でチャート分析完了【ゆきママもトレードの参考に!】

大体こんなところでしょうか。そういえば、昨日のJPモルガンの決算は減収増益でした。結局のところ、予想どおりトレーディング収支は低調で収支を圧迫したものの、コストカットが功を奏して増益といった形です。

まぁ大きく下振れるといったことはなかったものの、市場関係者はこれをあまり好感しておらず、厳しい見通しを示しています。今後の決算でも、単純な収益というよりも、そもそも米国内の景気が堅調かどうかが問われているようなので、株価の動きには引き続き注目しながら相場を見ていただければと思います(´ε`;)ウーン…


↓ブログランキング参加中!1日1回ポチお願いします!(ฅ'ω'ฅ)ニャン
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチッ!ゆきママのやる気がアップ!(。・(エ)・。)ノヨロシクマ


(ノ′Дヾ)さらなるインフレや円安で円資産が毀損される?
資産防衛なら経済合理性の高いFXで!!٩(๑òωó๑)۶
10月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

[201,000]ユキチ×20.1マイゲットニャー!! ฅ(ΦωΦฅ)༄༅༄༅༄༅

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラル短資FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
 1,000通貨対応!外為どっとコム 紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0