【日経平均大暴騰!】+1343円と21年7ヶ月ぶりの上げ幅!要因は中国の財政出動期待ですが…【9月9日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【日経平均大暴騰!】+1343円と21年7ヶ月ぶりの上げ幅!要因は中国の財政出動期待ですが…【9月9日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

このところは本当に極端な値動きが多いので、短期的にはなかなか参戦しにくいのが正直なところではないでしょうか。特に個人投資家はなすすべがありませんね(。-д-)(-д-。)ネェー

というわけで、すでにニュースなどでご存知の方も多いと思いますが、今日の日経平均株価は前日比で+1343.43円高という上げ幅となり、1994年1月以来、21年7ヶ月ぶりとなる歴代6番目の記録となりました。

sfxmnpc0745.png
今日の日経平均チャート。右肩上がりの大暴騰でした!

まさに狂い咲きって感じです。まぁこういった激しい動きというのは取れないのが普通ですので、こういう時こそ冷静に少しずつ買い進めていくか、あるいは押し目をじっくり待つというのも1つでしょう。

そんなわけで、昨日から今日にかけての株高により、ドル・円相場も大きく上昇しています。昨日(8日の東京市場は、1ドル=118.80〜119.80円台で1円幅の上下を記録しました。この日も株価を眺めながらの動きといった感じで、午後から日経平均が大きく下げるとドル・円も押し下げられて安値をつけました。ただ、終盤に上海株が急騰したことで、急上昇しています。

海外市場は、1ドル=119.70〜120.20円台での動き。欧州市場では、三井住友海上の5,000億規模のM&Aが報じられたこともあり、株高とともに円売りが活発化し、ドル・円は高値をつけています。NY市場では、すでにドルの調整は一服感が出て上値が重く一段高とはならず、株高や米長期金利(10年債利回り)を横目に低調な動きとなりました。

今日は冒頭でも触れたように日経平均株価の大暴騰もあり、ドル・円は120円台を回復して121円台へ迫る場面もありました。

てなわけで、今日はこの株価の値動きの要因となった中国政府の動きや、今後の為替相場の展望について考えていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします(*´▽`*)ノ))

中国の財政出動が鍵!期待感先行の相場に…

 昨夜、中国の財政省が年間の経済成長目標達成へ向けて景気下支え策が相次いで発表したことを受けて、今日の株価の暴騰となりました٩(๑òωó๑)۶ドッカーン!

政府筋からは、インフラプロジェクトへの支援強化、地方政府の債務問題の管理や税制改革を進める方針が示されたほか、国営メディアの証券日報では41社が合計470億元相当(約8,900億円)の自社株買いを行うと発表されたことで、リスクオンに大きく傾きました。

まぁ470億元というのは、上海市場の出来高の5〜20%程度に相当しますから、相当な買い支えとなるということが言えると思います。

そして、政府筋の発表はまさに市場が待ち望んでいた中国の財政出動へ向け、ようやく動きが出てきたと好感されて、リスクオンムードが高まっています。

一部ではすでに底入れといった話も出てきてはいますが、中国の財政省は積極的に財政出動する方針を示したに過ぎず、具体的には何も決まっていないということは覚えておきましょうc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

つまり、ある意味では期待感先行で進んでいる分、これから具体的な規模や事業内容が発表されないようだと、再び催促相場となって株が大幅に売られるといった事態も考えられますので、引き続き警戒は怠らないようにしたいところです。

それから、結局のところ中国の実体経済の回復が今後見られないようであれば、中国株が売られることになりますので、中国株のリスクはそれなりにありそうですので要注意でしょう。

しれっと日本の証券会社(N村とかD和)は中国株を買いとしていますが、そもそも今年7月に中国株が取引停止となったときに、中国株投信(ファンド)の解約申込みを停止したことは忘れてはいけないと思うんですねw

これは取引停止となったため、顧客に解約されてしまって株価が下がり続けると、その負債を証券会社が被ることになりますが、それが嫌なので解約を停止させて顧客に損失を押し付けたと・・・ゴルァ━━━凸(#-`Д- )━━━ッ!!

まぁ最終的に各国の株価は実体経済に依って動いていきますので、一番経済が堅調とされるアメリカ株のほうが・・・と、個人的には考えています。

現状については大体こんなところでしょうか。ちなみに、ドル・円相場については株価の動きの割には上値が重い展開が続いていますので、適度に利食いしながらFOMCを待ったほうがベターかと・・・。



今日明日の経済イベントは以下のようになっています↓

9月2日(水)の主要経済指標・イベントまとめ
時間 経済指標・イベント 重要度 前回 予想
23:00
ca.gif
カナダ銀行・金融政策発表 ★★★★ 政策系イベント
26:00
usa.gif
10年債入札 ★★★
9月10日(木)午前の主要経済指標・イベントまとめ
06:00
nzl.gif
ニュージーランド準備銀行・金融政策発表 ★★★★ 政策系イベント
06:05
nzl.gif
ウィーラーRBNZ総裁・記者会見 ★★★★ 要人発言
08:50
jpn.gif
7月機械受注(前月比) ★★★ -7.9% 3.3%
10:30
cn.gif
8月消費者物価指数(前年同月比) ★★★ 1.6% 1.9%
10:30
cn.gif
8月生産者物価指数(前年同月比) ★★★ -5.4% -5.6%
10:30
aus.gif
8月失業率 ★★★ 6.3% 6.2%
10:30
aus.gif
8月新規雇用者数 ★★★ 3.85万人 0.50万人
※指標については★★★★★→★★★★★→・・・→★の6段階評価

今日はドル・円に直接的に大きな影響を与えそうなイベントは見当たりませんが、各国の中央銀行から金融政策の発表が予定されています。特にNZに関しては、利下げもあってNZランドドル売り・ドル買いの流れからドルが買われるといった動きも考えられますので、その辺に注意しながら見ていきましょう。

それから外為どっとコム口座開設者限定で見ることのできる、市場のオーダー状況(ログイン後マーケット情報ツール外為注文情報)は以下のようになっています↓

sfxmnpc0746.png

ドル・円については、今週の展望記事でも書いた121.00円ラインの節目に売り注文が集中しています。利食いといった感じもありますので、ここを抜けると一段高があるかもしれません。

↓ゆきママの参考にしている細かな市場のオーダー状況が見れますよ♪↓

関連記事:
【スマホ(iPhone/Android)対応】初心者向け新ツール「ぴたんこテクニカル」紹介!みらい予測チャートやお天気シグナルで一目でチャート分析完了【ゆきママもトレードの参考に!】


まぁとりあえず中国が落ち着いてくれば、市場全体がリスクオンでアゲアゲムードになりそうですので、そうなることを祈りたいです(人´∀`*)オネガイ!

ちなみに、今この瞬間が買いかどうかで言えば、この水準でのエントリーはしたくないところでしょう。この辺はポジションに対する握力の問題にもなりますが、強い方はどこで入っても同じですが、含み損を抱えることに弱い方は、本当に底打ちが確認されて短期的にも上昇トレンドに入ってからの方が良いのかなと考えています。

FOMCを控えていますし、まだまだ目先は不透明ですので、握力の弱い方は特に予断を持たずに相場を見ていただければと思いますΣd(-`ω´-〃)


↓ブログランキング参加中!1日1回ポチお願いします!ฅ(ΦωΦฅ)ニャン
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチッ!ゆきママのやる気がアップ!(๑•̀ㅂ•́)و ヤルゾ!


_(┐「ε:)_円安の影響でiPhoneの本体価格が2倍になったよ…
FXを活用して資産防衛に努めよう!⊂(´ω`⊂ )
9月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

[201,000]ユキチ×20.1マイゲットニャー!! ฅ(ΦωΦฅ)༄༅༄༅༄༅

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラル短資FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
 1,000通貨対応!外為どっとコム 紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0