【予測不能!?】異例の大接戦となる英国議会選挙の投票開始!現状と今後について簡単解説&まとめ:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【予測不能!?】異例の大接戦となる英国議会選挙の投票開始!現状と今後について簡単解説&まとめ [市場概況]

さてさて、本日7日はご存知のように英国議会選挙が行われています。任期満了に伴う下院議会の総選挙で、ほぼ100%どの政党も過半数が取れず、戦後最も予測が困難とも言われています:;(∩´﹏`∩);:ヒェェ…

sfxmnpc0330.png
2015年の英国議会選挙の投票が始まりました!果たして結果は…。

投票締め切りは日本時間の8日午前6時とされ、大勢は日本時間で昼ごろまでには判明する見通しとなっています。

既に議席予想などは出ていますので、大きく乖離しない限りはサプライズにはなりえないため、基本的には選挙後に行われる連立組閣交渉を見極める展開となりそうですφ(。_。*)カキカキ…

というわけで、この記事では選挙後の展望を中心に解説しつつ、為替相場に与える影響について考えていきたいと思います。

予測不能!連立交渉は数週間に及ぶ可能性も…

 前回(2010年)の総選挙に続き、今回も単独過半数を獲得する政党がない見通しですので、いわゆるハング・パーラメント(宙づりの議会)になることはほぼ確定しています。

※ハング・パーラメントとは、過半数を獲得する政党がないことで、議会が何も決められない宙づりの状態になっていること。

そして、前回との最大の違いは連立の形が全く見えていないことでしょう。前回の場合は、保守党(307議席)と比較的主張の近かった自由民主党(57議席)が連立することで過半数となる326議席(定数650)を確保し、安定的な政権を樹立しています。

しかも、この辺の動きについては選挙前からほぼ規定路線となっており、即日、連立協議を行い、選挙の翌日にはあっさり連立で合意に達しました(-`ω´-)ウムウム

ところが、今回はその連立の形すら見えていない状況があります。最新の世論調査では、保守党も労働党も支持率が同じになっており、予想では両党とも260〜270議席程度という大接戦となっています。さらに、鍵を握る第3党となるSNP(スコットランド国民党)は、50〜60議席を獲得する見込みです。

SNPは基本的に、保守党とも労働党とも連立しないと公言していますが、労働党との連立、あるいは何らかの協力体制はあり得ると言われていますので、労働党とSNPが合わせて過半数となる326議席を獲得できそうであれば、早い段階での連立政権・連立体制の誕生といった可能性は残されています

ただし、これ以外の連立パターンではほぼ100%過半数を獲得できない見込みですので、労働党とSNPの交渉が難航した場合は、数週間という長期間に渡って様々な形での連立交渉が行われるといった指摘や、少数与党政権が法案ごとに閣外協力を求めるような形になるのではと言われています。

てなわけで、タイトルにもあるように全く予測不能、かつ非常に不安定な議会運営となりそうなので、我々が考えている以上に戦々恐々としている現状があるんですね(lil゚ω。ノ)ノヒィィィィ(((怖)))

基本的にはポンド売り?選挙後も続くかも…

 前回の場合は、選挙後すぐに連立政権が誕生したこともあってポンドが大幅に買い戻されましたが、今回の場合は先が全く見えないので、選挙後もポンドの上値が重くなりそうなことを覚えておきたいですね。

基本的にはポンド売り戦略で問題ないのかなと考えていますが、通貨ペアには注意する必要があるでしょう。ゆきママはポンド・ドルで入ってしまい、ここ最近の米指標に翻弄される形となって含み損を抱えています(´;ω;`)ブワッ

今になって思えば、綺麗な右肩下がりのチャートを描いているポンド・スイスフランが正解だったのかなーなんて思いましたが、やや後の祭となっています。

sfxmnpc0331.png
ポンド・スイスフランのチャート。先月末から一貫してポンド売りが続く。

う〜ん、やはりここ最近のドルのようにノイズの多い通貨よりかは、スイスフランといった安定感のある通貨の方が良いのかもしれませんね。とはいえ、あのスイスフランショックも記憶に新しいところではありますが…。

両社ポンド・スイスフランの通貨ペアに対応!トレードするならコチラで♪↓

大体こんなところでしょうか。ポンド売りは選挙直後ぐらいまでかなと思っていたら、意外と長期化する可能性もありますので、選挙結果などを踏まえた上で引き続きトレードしていくことも想定しておきましょう。

また、選挙結果が判明しましたらブログで展望などをまとめさせていただきますので、今後もどうぞよろしくお願いします。


↓ブログランキング参加中!1日1回の応援ポチッっとな(*´ω`)っ【ヨロシク】
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチッ!ゆきママのやる気がアップします╰(*´︶`*)╯


(๑•̀ㅁ•́)っいつやるか? ゴールデンウィークの今でしょ!ლ(`ω´+)
5月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

[134,000]ユキチ×13.4マイゲット!! (*'∀'人)))༄༅༄༅༄༅

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×YJFX!紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
 1,000通貨対応!外為どっとコム 紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0