【ユーロ急落!】ギリシャ国債の受け入れ停止!スイスフランはあっさり上限割れで節操の無い相場に…【2月5日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【ユーロ急落!】ギリシャ国債の受け入れ停止!スイスフランはあっさり上限割れで節操の無い相場に…【2月5日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

もうどうしようも支えきれないんだよね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー という声が聞こえてきそうな相場になっています。まぁスイスからしてもウンザリって感じなんでしょうけどね。

事の発端は、ECB(欧州中央銀行)が未明にギリシャ国債をEU圏内の銀行において、融資の担保として受け入れないという決定をしたことです。

これまで、ジャンク等級(投資不適格)のギリシャ国債を特例として受け入れて来たのですが、ギリシャが勝手なことばっかり言っているので、圧力をかける意味でも受け入れを停止したということでしょう。

これにより、ギリシャ国内銀行の資金繰りに対する懸念が強まったことや、実際の交渉が難航しているという見方から、ユーロ売りが加速する結果となっています。

sfx2npc0229.png
ユーロ・スイスフランのチャート。1.05を割り込む場面も。

これにより、スイス国立銀行が新たなキャップ(上限)として設けたとされる、1ユーロ=1.05~1.10スイスフランをあっさり割り込んでしまいました。もちろん、ユーロ・ドルでも急落しており、まだまだ厳しい現実が今後も続きそうな状態が継続しそうです。

そこで今日は、ギリシャとEUの交渉におけるこれまでの経緯や、今後の展開についてまとめていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします( `・∀・´)ノヨロシク

一転ユーロ売りへ!ギリシャの混迷は続く?

 先月の1月25日の総選挙で、反緊縮政権が誕生したことは記憶に新しいところですが、交渉のスタートではギリシャ側はまず債務の減免を要求していました。

これに対し、EU側は即座にギリシャの債務免除を否定したものの、返済期限の延長協議には応じる姿勢を表明しました。ところが、これに対してギリシャも反発し、30日に2月末で期限切れとなる国際支援プログラムの延長を要請せず、デフォルト(債務不履行)からEU離脱をちらつかせるという暴挙に出ましたヾ(゚Д゚ )ォィォィ…

こんな感じでプロレスごっこを演じていたものの、EUが一歩も引く姿勢を見せなかったこともあってか、今月2月3日には、ギリシャ側が債務減免要求を撤廃すると発表し、減免要求を後退させたことで合意可能な着地点へと近づいたと好感され、ユーロが買われました。

また、4日にはIMF(国際通貨基金)と債務返済期限をめぐる交渉を開始したとギリシャのファロファキス財務相が明らかにしたほか、同日にドラギECB総裁との会談に臨むことからも事態の進展が期待され、市場はリスクオン(選好)ムードへヾ(゚ω゚*)ノキター!

ところが、この発表直後にIMFはこのギリシャ財務相の発言を否定し、さらに会談を終えたドラギECB総裁も冒頭で述べたように、いきなりギリシャ国債を担保として認めていた特例措置を11日から解除すると発表しました。

sfx2npc0230.png
ギリシャのファロファキス財務相。何だか軽薄そうな・・・。

う〜ん、会談で何があったんでしょうねw なんとなくですが、ギリシャが勝手なことばかり言っているので、IMFもドラギECB総裁も激おこぷんぷん丸になってしまったのではないでしょうか٩(๑`^´๑)۶プンプンマル

実際に、ギリシャが公約を順守する姿勢に懸念が生じたとして決定したとのことですし・・・。そもそも、ギリシャが実質的に破綻した原因も政府が嘘をついて赤字を誤魔化していたからですしね・・・。

まぁ真相はわかりませんが冷水を浴びせるような結果を受けて、ギリシャの民間銀行は資金繰りが困難になることが予想されることなどから、リスクオフ(回避)のユーロ売りに傾いてしまっています。

結局のところ、2月末の支援期限切れまでギリシャとトロイカ(ECB、EU、IMF)の駆け引きは続いていくことになると思われますので、何があってもあまり驚かないようにしたいですね。

昨夜のISMは予想に反して上昇するという結果

 そして昨日の注目ポイントとなった(米)1月ISM非製造業景況指数56.7と前月比で0.2ポイント上昇していました。低下すると予想されていただけに、意外感のあるポジティブな結果でしたが、肝心の雇用指数は51.6と前月の55.7から大幅に低下しています。

新規受注や活動・生産指数は強めの結果となりましたが、雇用指数が昨年2月以来となる低水準ですから、あまり歓迎できる結果ではないでしょう。詳しくは明日書きますが、雇用統計の先行指標はこれでズタボロ確定です。

それから、昨日今日のドル・円相場を振り返っていくと、昨日(4日の東京市場は、1ドル=117.40〜117.90円台での上下となりました。日経平均株価が上昇していたこともあり、序盤は強めの動きで118円台に迫りましたが、その後は上値の重さが意識されて反落し、結局は行って来いの動き。

海外市場は、1ドル=117.00〜117.60円台での値動きとなりました。欧州市場では、米長期金利(10年債利回り)低下もあってドル売りが続く形で安値圏へ。

NY市場では、ドルが買われる場面もあったものの限定的で、終盤にECBがギリシャ国債を担保として受け入れてきた特例措置を停止すると発表したことで、リスクオフに傾いて円が買われて安値をつけました。

う〜ん、相変わらずドル・円は低調な値動きが続いていますね。結局のところは今週末の雇用統計待ちといった感じで、レンジ相場が続いていますので今日もその動きが継続しそうです。



また、ここからはいつものように今日と明日(午前)の経済イベントを確認していきます↓

2月5日(木)の主要経済指標・イベントまとめ
時間 経済指標・イベント 重要度 前回 予想
21:00
uk.gif
イングランド銀行・金融政策発表 ★★★
★★
政策系イベント
21:30
usa.gif
1月チャレンジャー人員削減数(前年比) ★★ 6.6%
22:30
ca.gif
12月貿易収支 ★★ -6.4億カナダ$ -11億カナダ$
22:30
usa.gif
Q4非農業部門労働生産性・速報値(前期比) ★★ 2.3% 0.2%
22:30
usa.gif
新規失業保険申請件数 ★★★★ 26.5万件 29.0万件
22:30
usa.gif
12月貿易収支 ★★★ -390億$ -380億$
2月6日(金)午前の主要経済指標・イベントまとめ
午前は特になし
※指標については★★★★★→★★★★★→・・・→★の6段階評価

今日はとりあえず(米)新規失業保険申請件数と(英)英中銀・政策声明発表に注目ですね。特にイギリスの経済見通しなどによっては、ポンドなどが大きく揺さぶられることになりますから、しっかり確認しておきましょう。

それから外為どっとコム口座開設者限定で見ることのできる、市場のオーダー状況(ログイン後マーケット情報ツール外為注文情報)は以下のようになっています↓

sfx2npc0231.png

ドル・円は、117円前半では買い・117円後半では売りといった感じになっています。まぁレンジ相場なのでその影響でしょうか。

↓ゆきママの参考にしている細かな市場のオーダー状況が見れますよ♪↓

関連記事:
【MIST】1,000円から始めるFX!トルコリラや人民元など新通貨ペアも!【外為どっとコム】

まぁもうアレですね。ユーロ対スイスフランを見ておけば良さげな感じですw 結局、1ユーロ=1.05スイスフランを回復すればユーロ買いに傾きますし、逆の場合は急落という流れが続いていますので、ユーロ絡みの通貨ペアをトレードする際はこの分岐点をを参考にすると良いかもしれません。

ユーロはしばらく荒れた値動きになりそうですが、それは交渉期限が迫っていることもあって仕方のないことなので、何があっても慌てず冷静に対応していただければと思います。ある意味では絶好のチャンスですからね(b´∀`)ネッ!

それでは、今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。また、次の記事もどうぞよろしくお願いします(っ´ω`)っ【ヨロシク】


↓ブログランキング参加中!1日1回の応援ポチお願いします(✿╹◡╹)ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチっと!ゆきママのやる気がUP!(゚∀三゚三∀゚) ウヒョー!


バレンタイン】(っ´ω`)いつやるか?ლ(´ڡ`ლ)今でしょ!
2月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

 スススッ…─=≡=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑)つ[186,000]ユキチ×18.6マイゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×YJFX!紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  1,000通貨対応!外為どっとコム 紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 2

ゆう

いつもありがとうございます。
ギリシャ問題、昨日も全く進展無しのプロレス状態ですが、何故ユーロはまた急騰してるのでしょうか?

この状態でユーロが買われるというのがよく理解できません。ましてやここで上昇トレンドに変わるなんてことは有り得るのでしょうか?
by ゆう (2015-02-06 05:09) 

ゆきママ

>ゆうさん

質問ありがとうございますヽ(*´∀`)/ まぁユーロが急騰している理由はスイス国立銀行が介入して、ユーロを買い上げてる事実があるからですね。

ユーロ・スイスフランチャートの動きを見ていれば、ユーロが買われて上昇すると同時に、他通貨でも買われるような形になっています。

はっきりいって市場にとってユーロを買う理由はないと思いますが、スイス中銀の動きに合わせて買っているというだけではないかと思います。
by ゆきママ (2015-02-06 16:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0