【米利上げへ】為替相場(ドル円)~先週(15~19日)の総括と今週の展望~【底堅い展開は続くか】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【米利上げへ】為替相場(ドル円)~先週(15~19日)の総括と今週の展望~【底堅い展開は続くか】 [市場概況]

先週は原油の暴落や、それに伴うロシアルーブルの大幅下落がリスクオフ(回避)のきっかけとなって、相場が巻き戻されて大きな調整となる場面もありました(;´∀`)

しかしながら、FOMC利上げへのアプローチ開始が確認されたことで、ドルの先高感というのが再び強まっています。日本やEUが更なる緩和へと向かっている中で、米国だけは全く違った方向を向いていますので、この金融政策における違いから、何事もなければ年末、そして来年もドル買いの動きは続きそうです。

ただ、警戒したいのはやはり原油安の動きがあまりに急すぎることから、エネルギー関連企業の株や債券に大きなダメージを残しそうですので、その辺に注意しながら相場を見ていきたいところ。

今週はなんといってもクリスマス週ということもあって、参加者の減少が予想されてはいますが、サンタクロース・ラリーといったアノマリーもありますので、しっかりとした動きを期待しましょう(*´ω`*)

先週(15~19日)のドル・円相場を総まとめ!

sfx2548.png
12月15日~19日の週。ドル円相場は1ドル=115.50~119.61円

先週の総括:原油安が波乱呼ぶもFOMCで立ち直る

15日の東京市場は、1ドル=117.70~119.00円台での荒い値動きとなった。早朝のオセアニア市場では、衆院選での与党圧勝を意識したご祝儀買いが入って119円台にタッチする場面もあったが、東京市場では、前週末の欧米株安から日経平均が安寄りしそうだったこともあり、株売り・円売りで始まってストップロスを巻き込みながら安値をつけた。ただ、安値から急激に反発して119円台に乗せ、午後に入ると株価の軟化と共に118.00円近辺まで値を下げるなど乱高下。薄商いな様子見ムードだったことが影響したという指摘も。
 海外市場では、1ドル=117.50~118.90円台と大きく値を下げた。欧州市場では、原油先物で買い戻す動きがあったことや、欧州株も小じっかりとなりジワジワと上値を伸ばした。日経平均先物の反発も材料に。
NY市場では、序盤に発表された(米)12月NY連銀製造業景況指数が想定外の大幅悪化となったことで、NYダウと共に急落。原油安も下げ止まらなかったことから、リスクオフの動きに傾いて1ヶ月ぶりの水準まで下押された。

16日の東京市場は、1ドル=117.10~118.00円台で軟調な推移だった。前日の海外市場で原油が一段安となったことで、リスク回避ムードが強まっていた。日経平均株価が1ヵ月ぶりに17,000円台の大台を割り込み、さらには(中)12月HSBC中国製造業PMIが下振れしたことでアジア株が値下がり、ドル・円もジワジワ値を下げるという展開。
 海外市場では、1ドル=115.50~117.70円台で大荒れの展開だた。欧州市場では、原油先物が1バレル=53ドル台まで下落し、ルーブルが対ドルで史上最安値となったことを皮切りに、これまで進んで来た相場が急速に巻き戻される結果となった。
NY市場では、原油下落とルーブル安が一服したことで、一気に高値圏まで反発するという荒っぽい動きを見せた。株価も買戻しが入って急反転したが、相変わらず上値は重く、その後はジリジリと反落。

17日の東京市場は、1ドル=116.20~117.10円台で堅調推移。前日の大幅下落からの自律反発的な動きでドルが買い戻される展開となったが、117円台では上値が重くなり、これ以上はFOMCを確認後といった程度の上昇にとどまった。
 海外市場では、1ドル=116.80~118.90円台で大きく上値を伸ばした。欧州市場では、原油安が一服したことや、ロシアルーブルが反発したこともあって、ジワリと上値を伸ばした。ただ、結局はFOMC待ちといった雰囲気もあり動意に乏しい展開で概ね117円台での上下。
NY市場では、序盤に発表された(米)11月消費者物価指数の弱い結果で下押されたが、FOMCに対する期待感もから下値は限定的でジワリと反発。そして、注目の(米)FOMC・金融政策発表では、政策金利見通しが引き下げられたことや、「我慢強く」と「相当な期間」という新旧2つの表現が併記されていたことで、市場もやや困惑して乱高下した。ただ、その後の(米)イエレンFRB議長の記者会見は、市場のコンセンサスとなっている来年半ばの利上げを後押しする内容となって、ドルが大幅に買い戻された。

18日の東京市場は、1ドル=118.30~119.00円台で右肩下がりの値動き。前日の米国市場の結果から119円台を試す強めの動きでスタートしたが、上値が重く失速するとジワジワと値を下げ続けた。日経平均が大幅高となってリスク回避的な動きは一服していたが、利益確定の向きが強く、上値を伸ばすには至らかなかった。
 海外市場は、1ドル=118.20~119.30円台と1円幅での上下。欧州市場では、プーチン大統領の演説に対する期待感からか、ロシア株やルーブルが反発したことでドルも買われたが、119円台乗せに再び失敗すると反落して安値をつけるという不安定な一面も。
NY市場では、序盤に発表された(米)新規失業保険申請件数が好結果となったことで上昇し、その後はNYダウの大幅高や米長期金利(10年債利回り)の上昇というトリプル高商状で119円台を突破した。ただ、終盤に入ると原油価格が値を下げたことから、一旦手仕舞いの動きとなり押し戻されて鳥息を終えた。

19日の東京市場は、1ドル=118.70~119.30円台で一段高となった。前日の米株高を受けて日経平均が大幅高スタートとなったが、ドル・円の出足は鈍かった。そして、(日)日銀・金融政策発表では現状維持が決定した。当初は反応薄だったが、株価が上げ幅を拡大するとドル・円も急上昇して119円台を突破して上値を伸ばした。一部には原油安からの追加緩和という流れを黒田総裁の記者会見と絡めて、期待感が先行したという指摘も。
 海外市場は、1ドル=118.80~119.60円台での値動きだった。欧州市場では、序盤に(日)黒田日銀総裁記者会見があり、一時的に下押されるも概ね堅調推移だった。黒田総裁の緩和姿勢は相変わらずということもあり、結局はドル売り材料にはならず。
NY市場では、序盤に米長期金利(10年債利回り)低下から119円台を割り込む場面もあったが、ドル売り一服後は買い戻されて小じっかり。ドル買いに傾く材料もなかったものの、値を下げたところから実需筋のまとまった注文が入り、反発したという指摘もあった。

今週(22日~26日)の展望と経済指標まとめ

 先週はなんといっても原油安やルーブル暴落からのリスク回避の動きが目立ちました。ただ、本当にリスクを感じていたかと言えば微妙で、実際はリスク回避に名を借りた調整の動きも相当にあったように思います(゚д゚)(。_。)ウンウン

そして、この微妙な流れを変えたのはFOMCで、ついに利上げへのアプローチが開始されたことでした。市場が織り込む来年半ばのスケジュールへ向けて、イエレン議長も自信を見せたことが大きかったですね。

また、ECB1月にも国債購入を伴う形での追加緩和実施といった報道が出始めたことも、ドルを買う材料となりました。

再びドル買い・ユーロ売り&円売りという流れが鮮明となって、いよいよクリスマス週に突入です!

今週の展望:参加者減少もサンタクロース・ラリーはあるか?

 今週はいよいよクリスマスですが、株も為替も大きく上昇する可能性を秘めています。いわゆるサンタクロース・ラリー」あるいは「クリスマス・ラリー」のアノマリーで、米国の株式市場ではしばしばクリスマスから新年1月にかけて株価が上昇すると言われていますので、短期的な押し目を探してみるのも悪くないかもしれませんφ(゚Д゚ )フムフム…

そして、クリスマス休暇が本格化してくることもあり、参加者の減少から動意に乏しい展開も予想されますが、米国と日本&欧州の金融政策の方向性の違いを意識して、基本的には底堅くドル高といった動きとなりそうです。

ちなみにリスク要因としては、やはり原油価格やロシアルーブルの動きでしょうか。落ち着いて来ればプラス材料ですが、さらに下げて1バレル=50ドルを割り込むようだと再びリスクオフに傾く可能性が高そうです。

それから、ギリシャでは23日に大統領選出の2回目の投票が予定されてます。2回目の投票は定数300のうちの2/3となる200票以上が必要ですが、1回目の投票は160票となっておりほど遠いことから3回目にもつれることが確実視されています。

ただし、3回目は180票を確保すれば良いため、今週の2回目の投票でどれだけこの数字に近づけるかが注目されます。170票をしっかり超えてくるようであれば、総選挙回避に向けた期待感も出て来そうですが、再び160票台、あるいは減ってしまうようなことがあった場合は、解散・総選挙からの反緊縮財政派勝利、そしてギリシャ金融危機の再燃といった流れが意識されることになりますので、経過しておきましょう。



また、以下に今週の主要経済指標をまとめておきますので、ぜひぜひご確認いただければと思います↓

今週(12月22日~26日)の主要経済指標まとめ
日付 時間 経済指標・イベント 重要度
22日
23日 22:30
usa.gif
Q3GDP・Q3個人消費・Q3PCEコア ★★★★
23:55
usa.gif
12月ミシガン大学消費者信頼感指数 ★★★★
24日 22:30
usa.gif
新規失業保険申請件数 ★★★★
25日
26日
※指標については★★★★★→★★★★★→・・・→★の6段階評価

今週はクリスマスなので海外では休みが多く材料不足の1週間となりそうですが、一応ここに書いてある指標ぐらいはチェックしておきましょう(*´ω`*)

12月もキャッシュバックをしっかり活用!

 そして最後になりますが、ワントレード(1回取引)でキャッシュバックがもらえるお得なキャンペーンについてまとめておきたいと思います。

全体としては今月もキャッシュバックキャンペーンの強化継続中となっていますが、中には終わってしまったキャンペーンもあり、質の良いキャッシュバックが減ってきている現状もありますので、おいしいものは早め早めで攻略しておきたいですね(b´∀`)ネッ!

(NEW!)インヴァスト証券「シストレ24」限定3,000円紹介記事
JFX「MATRIX TRADER」限定1,000円紹介記事
YJFX!限定3,000円紹介記事
FXトレード・フィナンシャル限定2,000円紹介記事
DMM FX限定9,000円紹介記事
外為ジャパンFX限定4,000円紹介記事
ヒロセ通商限定1,000円紹介記事
FXブロードネット限定図書券3,000円紹介記事
マネースクウェア・ジャパン(選べるギフト券3,000円紹介記事

12月は上記9社が実施中です!1社を除いて、ゆきママのブログだけで行われている特別なキャンペーンなので、ぜひぜひ活用していただければと思います。

なんと、上位数社でワントレードするだけで楽に数万円は稼げてしまうので、このキャッシュバック分だけで普通にFXで運用可能ですし、各社と自分の相性を確かめる意味でも実際に使ってみることは重要ですので、そういった確認を行う過程で利用すると無駄がないかと思います( •̀ .̫ •́ )✧チャンスダゼ!!

ここ最近は為替の値動きが非常に活発化してますから、こういったお得なキャンペーンを有効に活用して、トレードを有利に進める手助けにしていきたいですね٩(ˊᗜˋ*)وシッカリカセゴー!


う~ん、まぁ基本的にドル売り材料は見当たらないんですよね。なので、原油価格さえ落ち着いてしまえば、再び120円台アタックの動きもありそうです。

ただし、クリスマス休暇で参加者に乏しいことから、仕掛け的な値動きで乱高下といった荒れた展開も考えられますので、その点には警戒しつつ相場を見ていただければと思います(∀`*ゞ)


↓皆様の応援が励みになります。1日1回の応援ポチお願いします(*'∀'人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓Xmasクマちゃんにもポチっと!ママのやる気UP!!٩(๑òωó๑)۶アーップ!!


知らないと損!(๑•̀ㅁ•́๑)キラーン! 12月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!
 スススッ…─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ[186,000]ユキチ×18.6マイゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×YJFX!紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  1,000通貨対応!外為どっとコム 紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0