【簡単解説】昨夜の米9月雇用統計を総まとめ!早期利上げはどうなる?気になるイエレン・ダッシュボードは・・・:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【簡単解説】昨夜の米9月雇用統計を総まとめ!早期利上げはどうなる?気になるイエレン・ダッシュボードは・・・ [市場概況]

さてさて、すでにご存知の方も多いと思いますが、昨夜の(米)9月雇用統計は予想を上回る数字となりましたね(b´∀`)ネッ!

これを受けて早期の利上げ期待が高まれば良いのですが、ここ最近は雇用者数や失業率といった表面的な部分だけでは判断しきれなくなりつつありますので、イエレン・ダッシュボード(雇用関連指標)を含めて簡単に解説しておきたいと思います(ノ´∀`*)

雇用者数・失業率共に好結果となりましたが・・・

 てなわけで、とりあえずは好結果となった雇用者数と失業率から見ていきましょう↓

■21:30 (米)9月雇用統計(雇用者数・失業率)
・非農業部門雇用者数
【予想】+21.5万人
【結果】+24.8万人
・失業率
【予想】6.1%
【結果】5.9%
・民間部門雇用者数
【予想】+21.0人
【結果】+23.6万人

とりあえず雇用者数は上ブレ。失業率に関しては、労働参加率との兼ね合いもあるので難しいところですが、基本的に下がることは悪いことではありませんからね。

まぁ雇用者数と失業率に関してはまずまずといったところ。これまでの値動きを考えれば、110台に乗せてもおかしくない数字ではありませんでしたが、質的な部分に目を向けると時間当たりの平均時給は先月から-0.01ドル下がって24.53ドルとなっており、前月比で±0.0%と横ばいという結果になっています。

市場としては+0.2%ぐらいの上昇を見込んでいただけに、これは残念な結果といえるでしょう。依然として賃金の伸びが鈍いことが、イマイチ伸び切れない要因となってしまいました(´・ω・`)

sfx2299.png
発表時のドル・円チャート。一段高で109円台に突入したが伸びきれず。

ちなみに値動きに関してはゆきママの事前予想通りでもありました(ΦωΦ)フフフ… やっぱり量も質も問われていましたし、市場全体の意識として110円台が少し遠のいていた感があったので、よっぽどでなければといった印象でしたがその通りでしたね。

まぁ読みが当たって何よりでしたが、トレードする気になるような相場でもなかったので、結果を見て昨日はスルーしちゃいましたけど・・・(;´∀`)

関連指標の結果と利上げ時期について考える

 そして、今後のドル・円、あるいはユーロ・ドル相場の核心となる、イエレン・ダッシュボードの結果と金利引き上げについて考えていきたいと思います。

そもそも、現FRB議長であるイエレンは労働市場の専門家として知られており、これまでも一貫して「労働市場には緩み(slack)が存在する」として、失業率や雇用者数といった数字には出てこない潜在的な弱さを指摘してきました。

そのせいもあって、イエレンFRB議長が重視しているとされる雇用関連指標のまとめとなる、イエレン・ダッシュボードなるものまで誕生したんですよね(∀`*ゞ)

まだまだ日本では馴染みが薄いので、今回は以下にまとめてみることにしました。これはいわゆる雇用の質的な面を表すので、今後は雇用統計発表のたびにしっかり確認していただきたいと思います↓

イエレン・ダッシュボード(雇用関連指標) 比較一覧
指標名  前回(8月)   今回(9月) 
 賃金上昇率  +0.3% ±0.0%
 労働参加率  62.8% 62.7%
 長期失業者率   31.2%  31.9%
 広義の失業率(U6失業率)  12.0% 11.8%
は改善、は悪化を示しています。

 ・賃金上昇率:1時間あたりの平均時給の前月比
 ・労働参加率:生産年齢人口(15~64歳)に占める労働人口の割合
 ・長期失業者率:総失業者数に占める長期(27週以上)の失業者の割合
 ・広義の失業率:フルタイム就業希望者がパートタイム労働の場合も失業とする

ちなみにイエレン・ダッシュボードには、この他にも求人率や退職率、解雇率、入職率といったものも含まれるのですが、それらは雇用統計ではなく雇用動態調査(JOLTS)で発表されるので、今回は割愛しています。

てなわけで、最初に書いた雇用者数や失業率の好結果とは裏腹に、ダッシュボードはわりと悪化しちゃってます。要するに、イエレン議長がゼロ金利政策を長期にわたって維持する根拠としてこれらの指標があるわけですから、改善してこない限り利上げ期待は高まりにくいと言えます。

・・・とは言っても、FRBも1枚岩ではありませんからね(〃゚∀゚)(゚∀゚〃)ネェー 特にここ最近は反対票が投じられていることからもわかるように、あからさまに早期利上げを主張するメンバーも増えてきました。

ハト派かつ労働市場の専門家であるイエレン議長からすれば、労働市場の回復は未だ不十分であるという見方なのでしょうが、失業率5.9%はFRBが2014年末に到達するとしていた水準であり、上ブレが明らかです。

確かに労働参加率が0.1%下がって過去最低の数字となったことが影響したとはいえ、広義の失業率であるU6も2008年10月以来の低水準となっており、雇用の伸びという意味では想定以上の水準に達しています(・∀・。)(-∀-。)ウンウン♪

しかしながら、繰り返しになりますが相変わらず賃金上昇の鈍さは大きなマイナスポイント。インフレが加速すると見込むからこそ利上げといった金融の引き締めに動くわけですが、この低水準で張り付き続ける賃金を見る限りまだまだといった感じですもんね(ノ∀`) アチャー

まぁ今月末のFOMCではこの辺が議論されることになるでしょう。タカ派は雇用者数や失業率の改善を主張するでしょうし、ハト派はインフレ懸念がないということでこれまでの低金利路線を示すと思われます。

どちらが勝つかは今の段階では何ともといったところですが、今後はこれらの数字を意識しつつエコノミストらによる見解が示され、それに合わせて相場が動いてくることになりますので、この辺の基本的な考え方というのは覚えておいていただければと思います。


大体こんなところでしょうかね。今回は少し詳し目に解説させていただきました。う~ん、雇用統計も細かくなりましたね( ;∀;)ミルベキトコロガオオイ… 単に雇用者数の増減だけで盛り上がってたころが懐かしいようなw イエレン議長の登場で、市場にも雇用関連指標に新たな見方というのが浸透しつつあるような気がします。

このように、その時々で指標の意味や見方というのも大きく変わってきますから、常に最新情報を得つつ市場の新たな価値観というのについていくことが、値動きを見通すためには必須と言えます。

なかなか大変ではありますが、できる限りこのブログでもそういった点も考えつつ更新していきますので、ぜひぜひ今後もお付き合いいただければと思います。それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました(*´∀`*)


↓皆様の応援が励みです╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ!1日1回の応援ポチお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチっとな!ゆきママのやる気UP!!٩(๑•̀ω•́๑)۶アーップ!!


ご存知ですか?\_( ゚ロ゚)ハイ チュウモク! 10月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!
     スススッ…三((っ`・ω・´)っ[145,000]ユキチ×14.5マイゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×YJFX!紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細で確認できますので、ご確認下さい。)
nice!(24)  コメント(2)  トラックバック(4) 

nice! 24

コメント 2

ひとりモン

お久しぶりです!ひとりモンですw わかり易い解説で感心しますw
自分は最近不調で、0,1ロットで取引のできる、外為どっこコムを専ら使ってますw
スプレッドも狭いし、初心者やスランプの人にはベストだと実感してますw
更新これからも頑張ってな!



by ひとりモン (2014-10-05 12:03) 

ゆきママ

>ひとりモンさん

お久しぶりです(ノ´∀`*) そういっていただけると、とっても嬉しいです。

スランプは大変かと思いますが、確かに外為どっとコムは1,000通貨対応なので便利ですよね。上手に活用して調整していただければ・・・。

お互いがんばりましょう!
by ゆきママ (2014-10-08 08:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 4