【膠着相場】為替相場(ドル円)~今週(21~25日)の総括と来週の展望~【FOMC・雇用統計へ】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【膠着相場】為替相場(ドル円)~今週(21~25日)の総括と来週の展望~【FOMC・雇用統計へ】 [市場概況]

というわけで恒例のドル・円相場の1週間の総括来週の展望についてまとめです(*´ω`*) 相変わらずウクライナ・中東情勢といった地政学的リスクにより上値の重い展開が続いていますが、ドル・円相場は底堅さもあって概ね堅調な値動きとなりました。

要因としては、日米の企業決算が本格化し始める中で、株価が上昇したことなどからリスクオン(選好)ムードを生み出されたことでしょうか。

そんな感じで膠着気味もまずまず小じっかりとした相場でしたが、ユーロ・ドルやユーロ・円などを見る限り、やはりユーロ売りは進んでいます。EU圏内のゴタゴタが問題が大きいとはいえ、やはりユーロキャリートレードについても、検討すべき時期に来ているかもしれませんね(b´∀`)ネッ!
【個人資産過去最大も…】話題のユーロキャリートレードについて考えてみた【富裕層だけが得をしている現実】

そして、来週についてはFOMCGDP、さらには雇用統計とドル・円相場にとっては大きなポイントとなる材料が目白押しです。流石にこれで動かないとなると、8月は絶望的な雰囲気になりそうなので、何とか動いて欲しいところですが…Σ (゚Д゚;)

今週(21~25日)のドル・円相場まとめ(∀`*ゞ)

sfx2064.png
7月21日~7月25日の週。ドル円相場は1ドル=101.19~101.93円

今週の総括:膠着相場も地政学的リスクが懸念材料に

21日(月)の東京市場は、祝日(海の日)休場ヾ(´○` )お♪( ´▽`)や♪(´ε` )す♪( ´θ`)ノみ♪ アジア時間は、1ドル=101.10~101.30円台での値動き。前週末から引き続き、ウクライナやイスラエルといった地政学リスクを懸念して、ジワリと値を下げた。日本が祝日ということで、ドル買い需要が乏しかったのも要因となった。
 海外市場は、1ドル=101.20~101.30円台でやや反発した。欧州市場では、株価が軟調に推移したものの、米長期金利(10年債利回り)が上昇したことやユーロに対してドルが買われたこともあって、下値は限定的だった。
NY市場でも、底堅さは健在。地政学的リスクが意識されたことによってNYダウが大きく値を下げたものの、ドル・円相場は踏み止まり、その後は株が買い戻されるのに合わせて上昇し、高値をつける場面もあった。

22日(火)の東京市場は、1ドル=101.30~101.50円台でしっかりとした値動き。3連休明けで始まったことで輸入企業のドル買いが入ったほか、日経平均の上昇も押し上げ要因となった。また、ウクライナ情勢についてロシア勢が態度を軟化させており、やや懸念が和らいだことも影響した模様。
 海外市場は、1ドル=101.30~101.60円台での上下。欧州市場では、欧州株や米長期金利が上昇したこともあって、強めの流れが継続となった。
しかしながら、続くNY市場では、注目の(米)6月CPIコアが予想を下回ったことで急落。ただ、その後はNYダウが堅調推移となったことや、(米)中古住宅販売件数が好結果だったこともあって値を戻して取引を終えた。また、ウクライナ情勢に関して、ロシアへの追加制裁といった報道からのユーロ売り・ドル買いの流れが波及していたという指摘もあった。

23日(水)の東京市場は、1ドル=101.30~101.50円台で前日に続きほとんど同じレンジでの値動きだった。日経平均が小高く始まったことで高値圏まで上昇したが、株価が反落すると小緩んで値を下げた。
 海外市場でも、1ドル=101.30~101.50円台でのレンジは変わらず。欧州市場では、東京市場の流れからややドル売り優勢で始まり、ジワジワと値を下げる展開だった。
NY市場は、前日の(米)アップルの好決算を受けてS&P500が史上最高値を更新するなど強めの値動きとなったことで、ドル・円も高値圏を回復した。全体的には地政学的リスクに対する警戒感も一服といった感じでしたが、上値追いの動きもなく小動きが続いていた。

24日(木)の東京市場は、1ドル=101.40~101.50円台で小幅な上下で往って来いの展開。序盤に発表された(中)HSBC中国製造業PMIが良好な結果となったことで、アジア株高の流れと共にドル・円も高値をつけた。ただし、その後は日経平均が反落してわずかにマイナス圏に落ち込んだことで、ドル・円も小緩んでレンジ内での往復に。
 海外市場は、1ドル=101.40~101.80円台で今週のレンジを抜けて一段高となった。欧州市場では、序盤こそ東京市場の流れから弱めの動きで安値をつけたが、欧州各国のPMIの好結果をきっかけに、欧州株が反発したことや、米長期金利(10年債利回り)も上昇したことで堅調な値動きとなった。
NY市場では、序盤に発表された(米)新規失業保険申請件数の約8年ぶり好結果を受けて、ついにこれまでの蓋となっていた101.60円近辺を抜けて高値圏まで上昇し、ドル買いの動きが優勢となった。その後も各企業の好決算が相次いだことでNYダウの上昇し、米長期金利が久々に2.5%の大台を回復したことなどを受けて、高値をつけ、珍しく株高・金利高・ドル高といったトリプル高の展開だった。

25日(金)の東京市場は、1ドル=101.70~101.80円台で極小レンジでの上下となった。序盤に(日)6月CPIが発表され、市場予想とほぼ同じ結果となったことで、特に相場にリアクションはなかった。各企業の好決算が続いたことで、日経平均株価は大きく上昇したものの、ドル・円相場はわずかに弱めの動きだった。
 欧州市場は、1ドル=101.70~101.90円台での値動きで、ついに102円台に迫った。欧州市場では、全体的にドル買い優勢だった。(独)7月IFO景況感指数が予想を下回ったことでユーロが売られ、ドルが買われるといった流れから、ドル・円相場でもドルが買われて高値をつけた。
NY市場でも、欧米がロシアに対する制裁強化といった気運も手伝って、ユーロ売り・ドル買いといった流れから、ドルがやや買われた。ただ、来週にビックイベントを控えているということもあってかその後は手仕舞いムードとなり、やや押し下げられて取引を終えた。

来週(28日~8月1日)の展望と経済指標まとめ

 今週は日米の企業決算が良好だったことや、ウクライナ・イスラエル情勢の懸念からユーロ売り・ドル買いといった流れが生まれて、ドル・円相場もやや堅調推移となりました(∩´∀`)∩ワーイ

ただし、相変わらず1円未満の値動きですし、ボラティリティ(変動率)の低下というのは言うまでもなく、膠着相場といったところ。なかなかドル高や円安といったトレンドが出てこない状況になってしまっています(つд⊂)エーン

来週の展望:豊富な米国発の経済イベントがポイント

そんな中で、来週はFOMC・金融政策発表Q2GDP、週末には雇用統計、さらに決算発表といった米国発の超ビックイベントが目白押しの1週間となっていますので、まずは当然それらに注目といったところでしょうか。ややイベント待ちといった雰囲気がありましたが、ようやく大きな材料が出てくることになります(`・ω・´)クルゾ!!

ただ、どの程度の動きが出るかは現段階では未知数なんですよね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー FOMCについては、イエレン議長の会見もありませんし、現状維持が見込まれることから無風通過もあり得ます。GDPや雇用統計については、事前予想との乖離が無ければそれほど反応しない可能性もありますが、値動きを期待するのみといったところしょうか。

弩級イベントが続くので、全く動かないということは無いと思いますが、トレンドが出てくるかどうかといえば、なかなか難しいのかもしれません。まぁとにかく毎日の指標とそれに対する市場の反応を見ながら、推し量って行きたいです。

その他には、ウクライナ情勢といった地政学的リスクについても引き続き注視しておきましょう。今のところは落ち着いてはいるものの、市場がユーロ売りに傾いているだけに、今週のようにユーロ売り・ドル買いの流れから、ドル・円相場が強含むといったパターンもあり得ます。

したがって、今後ロシアに対する経済制裁の強化といったニュースには警戒しておく必要がありますので、日々のチェックを怠らずにいきましょう!

 ~来週注目の経済指標(ドル円)~
28日(月):23:00 (米)6月中古住宅販売保留 他
29日(火):23:00 (米)7月消費者信頼感指数 他
30日(水):27:00 (米)FOMC・金融政策発表
31日(木):21:30 (米)新規失業保険申請件数 他
 1日(金):21:30 (米)雇用統計(失業率・雇用者数)

来週は言うまでも無く、超豪華な1週間となっていますね(b´∀`)ネッ! この他にも30日には(米)Q2GDP、1日には(米)ISM製造業景況感指数などの発表も予定されています。

このように材料がないということはありませんので、まずは経済指標の結果をしっかり確認しながら、相場の流れを考えてトレードしていきましょう。

そして最後になりますが、ワントレード(1回取引)でキャッシュバックがもらえるお得なキャンペーンについてまとめておきたいと思います。

全体としては今月もキャッシュバックキャンペーンの強化継続中となっていますが、中には終わってしまったキャンペーンもあり、質の良いキャッシュバックが減ってきている現状もありますので、おいしいものは早め早めで攻略しておきたいですね(b´∀`)ネッ!

(NEW!)外為どっとコム1,000円紹介記事
(NEW!)JFX「MATRIX TRADER」(当ブログ限定1,000円紹介記事
YJFX!(当ブログ限定3,000円紹介記事
FXトレード・フィナンシャル当ブログ限定2,000円紹介記事
DMM FX(当ブログ限定9,000円紹介記事
外為ジャパン(当ブログ限定4,000円紹介記事
ヒロセ通商(当ブログ限定1,000円紹介記事
FXブロードネット(当ブログ限定図書券3,000円紹介記事
マネースクウェア・ジャパン(QUOカード1,000円紹介記事

7月は上記9社が実施中です!1社を除いて、ゆきママのブログだけで行われている特別なキャンペーンなので、ぜひぜひ活用していただければと思います。

なんと、上位数社でワントレードするだけで楽に数万円は稼げてしまうので、このキャッシュバック分だけで普通にFXで運用可能ですし、各社と自分の相性を確かめる意味でも実際に使ってみることは重要ですので、そういった確認を行う過程で利用すると無駄がないかと思います(*`・ω・)ゞカクニンヨシ!

とにもかくにも、こういったお得なキャンペーンを有効に活用して、トレードを有利に進める手助けにしていきたいですね٩(๑•̀ω•́๑)۶シッカリカセグ!

今日も最後までお読みいただきありがとうござました。何とか今日もブログを更新できて良かったです。メルマガの方も頑張って週2回配信しています。明日(月曜日)も配信予定ですので、もしまだ登録していない方はどうぞよろしくお願いします( `・∀・´)ノヨロシク

↓ついにメルマガ開始!完全無料なので、もしよろしければ登録お願いします↓
メルマガ購読・解除
 

※メルマガ登録の仕方について
 ①[購読]と[解除]のうち[購読]が選択されているか確認
 ②空欄に登録したいアドレスを入力し、[送信]をクリック
 ③確認メールが送られるので、専用アドレスから登録を完了してください
 ★解除したい時もこのフォームから登録アドレスを入力するだけで簡単解除可

それでは今週も1週間、応援本当にありがとうございました。また来週もどうぞよろしくお願いします(。ノ・(エ)・。)ノヨロシクマ


↓皆様の応援が励みです(人´ω`)オネガイ!1日1回の応援ポチお願いします!

↓ニャンちゃんにもポチっとな!ゆきママの更新意欲がUPします(`・ω´・+)v
ブログランキング・にほんブログ村へ

知っていましたか?\_(ゝω・o)コレダイジヨ! 今月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!
     スススッ…三(((っ*´∀`*)っ[120,000]ユキチ×12マイゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×YJFX!紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  FX口座数・預かり資産9年連続No.1紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細で確認できますので、ご確認下さい。)
nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0