【崩れるパワーバランス】昨夜閣議決定された集団的自衛権行使容認がについて簡単解説まとめ【7月2日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【崩れるパワーバランス】昨夜閣議決定された集団的自衛権行使容認がについて簡単解説まとめ【7月2日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

西暦20XX年、日本は核の炎に包まれた…

なんてなったら嫌ですけどね。というわけで、政府は昨日の臨時閣議で集団的自衛権の行使を認める憲法解釈の変更を閣議決定しました。閣議決定文によると、日本と密接な関係にある他国が攻撃された場合でも、一定の条件を満たせば反撃が可能となります。

集団的自衛権の行使を認めた閣議決定(要旨)
1.日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由と幸福の追求権が根底から覆される明白な危険がある
2.日本の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がない
3.必要最小限の実力行使にとどまる
日本と密接な関係にある国が攻撃された場合、上記の3条件を満たせば集団的自衛権は憲法上許容されると考えるべきであると判断するに至った


今回の決定に対して、容認派・反対派で分かれると思いますので、是非についてはともかくとして背景やメリット・デメリットなどについて簡単にまとめておこうと思います((φ(..。)カキカキ

日本の相対的な経済地位低下が要因か

 以下のアメリカ・日本・中国の名目GDPのグラフを見てみると、日本の凋落というのが一目瞭然ですね( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー↓

名目GDP(USドル)の推移 - 世界経済のネタ帳

2010年ごろを境に、完全に中国にブチ抜かれています。ちなみに同年に尖閣での漁船衝突事件が起こったのは決して偶然ではないでしょう。中国がまだまだ経済規模の小さかった2000年ごろは、特に安全保障上の問題を真剣に考える必要はなかったんでしょうが、ここ数年で状況が一変してしまったというわけです。

そして喫緊の課題は、なんといっても南シナ海における中国の支配力が増していることに対して、どう対応していくかということなんですよね。中国を中心に周辺諸国が領有権を争う南沙諸島・西沙諸島に加えて、日本のシーレーン(海上輸送ルート)を守らなければなりません。

特に石油をはじめとしたエネルギー関連については、サウジアラビアやアラブの中東から99%以上を輸入していますから、海上の輸送ルートを中国に握られるようだと、かなりよろしくない事態になってしまうんですよね(´・ω・`)

sfx2026.png
↑原油の主な海上輸送ルート。マラッカ海峡ルートロンボク海峡ルート

マラッカ海峡は浅瀬もあるため、基本的に行きはマラッカルートを通りますが、原油を積んだ帰りはロンボク海峡ルートを通ります。見てのとおり経済効率的にはやはりマラッカ海峡ルートが必要ですが、将来的にはロンボク海峡ルートの往復ということになるのかもしれません。

まぁ某新聞社は何故か叩いていましたが、2013年1月に安倍首相が就任後に行った初外遊では、ベトナム、タイ、インドネシアといった東南アジアを訪問しました。この背景には、やはりシーレーンの確保という目的があったとも考えられ、こうした流れの予兆というのはありました。

集団的自衛権容認のメリット・デメリットとは

 てなわけで、メリットとしては外交上、防衛上の戦略広がることですね。南シナへの影響力を強める中国の台頭を抑止すると共に、万が一の時は集団的自衛権の行使が可能となっていることで、東南アジア諸国からの協力も引き出し易くなるでしょう。いわゆるトモダチ作戦ですねw

デメリットは各報道でも言われているとおり、もちろん日本が戦争に巻き込まれる可能性があるということです。特に、閣議決定文にある、「日本と密接な関係にある国」の筆頭候補は当然のことながらアメリカです。実はベトナム戦争も湾岸戦争もイラク戦争も、アメリカは自衛のための戦争と一貫して主張していますから、解釈次第でどうとでもなる現状を考えると、アメリカ側から要請があった場合にどうなるかが非常に大きな懸念材料となります。

まぁただ、安倍ぴょんも他国の防衛のために集団的自衛権の行使をすることはないと明言していますし、アメリカもそれほど馬鹿じゃないのできちんと憲法改正を行わない限り、執拗に日本側に協力を迫ることはないでしょうし、日本もアメリカ以外から要請されたとしても集団的自衛権を行使することはまずないでしょう。そういった意味では即座に戦争云々を考える必要はないと思われますが、将来的にはそれなりに可能性が出てきたと言えるのかもしれません(`・д´・ ;)ゴクリ…

簡単にまとめるとこんなところでしょうか。とりあえず現状ではあくまで外交カードの1つといった側面が非常に強いので、殊更不安になる必要はないと思いますが、これから憲法改正への動きも進んでくると考えられるため、集団的自衛権の是非に関して、国民1人1人が議論を尽くしていくことが求められます



そしてここからは、昨日今日のドル・円相場について振り返っていきます。

6月30日の東京市場は、1ドル=101.20~101.40円台での値動きとなりました。序盤は日経平均と共に弱めの動きが続きましたが、午後に入ると株価が反発。それに合わせる形でドル・円も上昇して高値圏へ。

海外市場は、1ドル=101.20~101.40円台で相変わらず狭めのレンジでの上下となりました。欧州市場では、材料不足や月末ということもあってか手控えモードとなっており、目だった値動きはありませんでした。NY市場は、序盤に発表された住宅系指標の好結果を受けて高値圏まで上昇しましたが、月末・半期末のロンドンフィキシングに絡んだドル売りが流入し、反落しました。

7月1日の東京市場は、1ドル=101.20~101.50円台で強めの動きとなりました。前日のNYダウがマイナスとなっていましたが、この日の日経平均は年金買い観測などから堅調な推移となり、200円超の上昇となりました。それを受けて、ドル・円も高値をつけました。

海外市場では、1ドル=101.40~101.50円台の極小レンジでの上下。欧州市場では、時間外の米長期金利の上下に伴い高値をつけましたが、101.60~101.70円近辺に控える200日線などのテクニカルは抜けられず。NY市場では、注目の(米)6月ISM製造業景況指数が予想をやや下回ったことで値を下げましたが、NYダウが市場最高値を更新するなど強めの動きが続いたことで下支えとなりました。

今週の値動きについて一気に振り返ってみました。まぁ相変わらず狭いレンジでの値動きが続いていますが、株価に支えられて、今日もちょっと強めの動きが続いています。

それから次に、本日の経済指標から確認しつつ、今後のドル・円相場について考えていきます↓

7月2日(水)の主要経済指標・イベントまとめ
時間 経済指標・イベント 重要度 前回 予想
16:00
eu.gif
ファンロンパイEU大統領演説 ★★ 要人発言
16:00
eu.gif
バローソ欧州委員長演説 ★★ 要人発言
17:30
uk.gif
6月建設業PMI ★★ 60.0 59.8
17:30
eu.gif
サマラス・ギリシャ首相EU議会証言 ★★ 要人発言
18:00
eu.gif
5月PPI(前月比) ★★ -0.1% ±0.0%
18:00
eu.gif
5月PPI(前年比) ★★ -1.2% -1.0%
19:30
eu.gif
ショイブレ独財務相・予算に関する記者会見 ★★ 要人発言
21:00 usa.gif MBA住宅ローン申請指数 -1.0%
20:05
aus.gif
デベルRBA総裁補佐講演 ★★ 要人発言
20:30
eu.gif
メルケル独首相・ラスムセンNATO事務総長会談 ★★ 要人発言
21:15 usa.gif 6月ADP雇用統計(前月比) ★★★★ +17.9万人 +20.5万人
23:00 usa.gif 5月製造業受注指数(前月比) ★★ +0.7% -0.3%
23:00 usa.gif イエレンFRB議長講演 ★★★ 要人発言
※指標については★★★★★→★★★★★→・・・→★の6段階評価

今日はとりあえず明日の雇用統計の先行指標となるADPに注目でしょう。強めの結果となるとドル買い材料となりそうです(ノ´∀`*)

ただし、何だか今週は株価との相関が強めな感じなので、あんまりADPが強めの結果となって、明日の雇用統計も予想を上回るような結果が予想されるようだと、早期の金利引き上げ観測で株安になってしまうかもしれません。そうなると、ドル・円も下がりそうなので、そういった意味で結果からの動きを予想するのが難しい相場なのかもしれません。

攻防のポイントとしては、上はわかりやすく1ドル=101.60~101.70円台にあるピボットや200日移動平均線がレジスタンスとなりそうです。逆に下はちょっと難しいですよね。チャートを見る限りでは101.20円近辺がサポートとなっていますが、それほど強い感じもないんですよね。まぁ目先ではこの辺りでしょうが、抜けたらやはり年金防衛ラインの100.80円を試すことになりそうです。

今日はとりあえず、101.70円を回復できるかどうかに1つの見所でしょうかね。とはいえ、明日に雇用統計やECBといった超重要イベントを控えているため、それほどの値動きはなさそうですが・・・。


↓皆様の応援が励みです(人´ω`)オネガイ!1日1回の応援ポチお願いします!

↓ニャンちゃんにもポチっとな!ゆきママの更新意欲がUPします(`・ω´・+)v
ブログランキング・にほんブログ村へ

知っていましたか?\_(ゝω・o)コレダイジヨ! 今月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!
     スススッ…三(((っ*´∀`*)っ[120,000]ユキチ×17マイゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×YJFX!紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  FX口座数・預かり資産9年連続No.1紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細で確認できますので、ご確認下さい。)
nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 1

Steveven

Penegra Cialis Gсђс–сѓв˜nstig Kaufen 40mg Viagra En Espana <a href=http://tadalaf20mg.com>cialis</a> Prix Cialis Generique
by Steveven (2019-05-28 19:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0