【雇用統計】為替相場(ドル円)~今週(31~4日)総括と来週の展望~【株高】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【雇用統計】為替相場(ドル円)~今週(31~4日)総括と来週の展望~【株高】 [市場概況]

4月に入って消費税が引き上げられて8%となりましたが、今のところは経済へ与える影響というのもそれほど話題になっておらず、心配された相場への影響というのは現状ではなさそうですε-(´∀`*)ホッ

むしろ今週の相場は、総じてリスクオン(選好)ムードといった感じでしたね。序盤から上を試すような積極的な動きで、103円台に突入し、その後も株高を背景にして、104円台に乗せる場面も見られました。まぁ特に海外の株高が目立っていましたが、日経平均も15,000円の大台を回復して取引を終えています。

ただ、そんな流れから期待感が過度に高まっていた週末の(米)3月雇用統計は、数字はともかく結果としては少し残念なモノになってしまいましたね。とはいえ、1月分、2月分も上方修正されていますし、少なくとも悪くはなかったといえるのではないでしょうか(*´ω`*)

さて、そして来週ですが、もしかしたらやや調整を挟むのかもしれません。かなり強気強気できていたので、若干巻き戻されても不思議ではありません。しかしながら、中長期的な円安という流れに変化はないでしょう。

そして、増税後、初となる(日)日銀・金融政策発表が予定されていますので、注目しておきましょう。もちろんここで追加緩和とはならないでしょうが、期待感も高まっているので、黒田総裁の記者会見も含めて、今後の方針についてはしっかりと見ておきたいところです。

sfx1728.png
↑3月31日~4月1日の週。ドル円相場は1ドル=102.79~104.12円

今週の総括:リスクオンで株高・ドル高の好循環相場

31日の東京市場は、1ドル=102.80~102.90円台で極小レンジでの値動きとなった。年度末ということもあってか、基本的に様子見ムードとなり、積極的な売買は控えられた模様。
 海外市場は、1ドル=102.80~103.40円台で上下に動きました。欧州市場では、序盤から上値を試しの動きが活発で、欧州株が上昇したことをきかっけにして節目を突破して103円台に乗せると、米長期金利(10年債利回り)の上昇もサポートとなり、さらに一段高で103.20円台まで上値を伸ばした。節目近辺のレジスタンスゾーンを抜けたことで、小じっかりとした相場となり、高値圏を維持したままNY市場へ。
NY市場でも上値を試す動きは継続し、序盤にこの日の高値をつけた。しかしながら、イエレンFRB議長がハト派的な発言を繰り返したことにより、ドル・円は反落。これに関しては、前回のFOMCでタカ派と市場に受け取られたことに対する反動といったところ。ただその後、株価にとってはイエレンのハト派姿勢が好材料なり、NYダウが上昇し、その動きにドル・円もサポートされて103円台に復帰し、103円台でのモミ合いを続けたまま取引を終えた。

1日の東京市場は、1ドル=103.00~103.30円台での値動き。この日は日銀短観や中国PMIなど、東京時間帯にしては珍しくイベントの多い1日だったものの、動意には乏しい。新年度となった日経平均は、前日のNYダウの上昇を受けて小高く始まったものの、その後は反落するなどやや大きく上下した。ドル・円もその動きに合わせて上下する展開だった。
 海外市場は、1ドル=103.10~103.60円台で右肩上がりの強めの相場となった。欧州市場では、ジワジワと上値を試す展開で、欧州株価の堅調推移とともに上昇した。いわゆる新年度投資の影響との声もあった。
NY市場では、序盤に(米)3月ISM製造業景況指数が53.7と予想にとどかなかったが反応は限定的。雇用指数も前回を下回っていたため、むしろ失望を誘ってもおかしくない内容だったものの、悪天候からの回復の兆しをポジティブに捉えた模様。NYダウが最高値へ迫る中で、全体的にリスクオンムードが強まる中、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用に関する報道によって日経平均先物が一段高となり、ドル円もさらに上昇した。

2日の東京市場は、1ドル=103.60~103.90円台で一段高となった。前日の流れから、日経平均が大幅高で始まり、その後も上げ幅を拡大したことでドル・円も上値を伸ばす展開。ただ104円台手前では流石に上値が重く押し戻された。
 海外市場は、1ドル=103.50~103.80円台での小動き。欧州市場では、104円台手前ということもあって利益確定の売りに押される形で安値圏まで値を下げた。全体的に様子見ムードで、ADP雇用統計を控えていたことも拍車をかけた。
NY市場では、序盤に(米)3月ADP雇用統計が発表され、事前予想をわずかに下回るそれほど強い内容ではなかったことで、一旦上に動いた後に押し戻されるといった値動きになったが、前回分が上方修正されていたこともあり、週末の雇用統計への期待感が先行して、ジワジワと上昇。その後、104円を試そうかという動きもあったものの、押し戻されて取引を終えた。

3日東京市場は、1ドル=103.80~104.00円台での値動きとなり、2ヶ月半ぶりとなる104円台を達成した。前日のNYダウの上昇を受けて、日経平均が堅調に推移し、序盤はドル・円も堅調な動きが続いた。そんな中で、まとまった規模のドル買いが入ると104円台を達成。ただ、やはり104円台は流石に重く、定着できずに株価が失速する中で、つられる形で安値圏まで値を下げるといった展開。
 海外市場は、1ドル=103.70~104.00円台で狭めのレンジながらも忙しい動きを見せる場面もあった。欧州市場は、(欧)ECB・金融政策発表ドラギECB総裁の記者会見を控えていたこともあって、値動きに乏しい展開が続いた。
NY市場はでは、注目のドラギ総裁の会見が報じられ、「量的緩和の検討」といった追加緩和の可能性を強くアピールしたこともあり、ユーロが大きく上下した。その動きに影響される形で、ドル・円も上下するといった展開。ただし、特に方向感は出なかった。

4日の東京市場は、1ドル=103.80~103.90円台での小幅な値動きとなった。夜に雇用統計を控えていることもあり、様子見ムードが強く動意に乏しい展開が続いた。
 海外市場は、1ドル=103.20~104.10円台と結局は1円幅での上下。欧州市場では、特に目新しい材料もなく、雇用統計待ちといったムードが支配し、ほとんど値動きはなかった。
NY市場では、大注目となった(米)3月雇用統計が発表され、予想をやや下回ったことから利益確定の動きが強まった。発表直後は乱高下し、高値をつける場面もみられたものの、やはり期待感先行でかなりドル買いが進んでいた側面もあったのか、終盤にかけて急落するなど、期待はずれといった結果となった。


来週の展望:日米の金融政策スタンスを見極める展開か

今週は序盤から、結構急ピッチで上昇を続けていたため、最終的には雇用統計でその反動が出ちゃいましたね(ノ∀`) アチャー ネガティブといった結果ではないですが、やっぱり期待感が高まりすぎてしまったため、ちょっとガッカリしたといったところでしょうか。

ただ、ドル高・株高・金利高といった流れはできつつあり、好循環相場への動きも見せ始めているので、来週からもそんな動きとなると良いですよね(b´∀`)ネッ!

てなわけで、来週のドル・円相場についてですが、底堅さはあるものの、少し調整模様というのも考えておきたいところです。雇用統計週の経済指標ラッシュも終わってしまいましたし、インパクトのある材料が乏しいんですよね。

ちなみにそんな中でも1番の注目はといえば、冒頭でもお話したように(日)日銀・金融政策発表でしょう。ただ、これについてのシナリオを考えたときに、当然のことながら日銀は現状維持を選択するでしょうから、どちらかといえばドル・円にとっては下押し材料となりそうです。

なので、序盤からはそれほど強まりそうにはないのかなと・・・。ただし、海外勢主導での強気な動きがあれば、104円台を再び試す展開は十分可能かと思いますが、定着するとなると材料が欲しいのかなと思います。

そして、そのきっかけとなりそうな唯一の材料としては、(米)FOMC議事録公表(3月18日~19日分)でしょうか。大きなサプライズとなった前回3月FOMCの議事録の公開ということで、中身については注目が集まります。

前回は失業率基準の撤廃といったフォワードガイダンスの変更もありましたし、どういった議論がなされたのかは気になるところでしょう。特に、今後の緩和縮小ペースや金利引き上げ時期については、市場の関心も非常に高いですから、内容をしっかりと精査しておきたいところです。

大体こんな感じでしょうかね。まぁそれほど強まるような材料はなさそうなので、来週は一息入れるような模様眺めとなるのかなといった感じなんでしょうか(ノ´∀`*)

 ~来週注目の経済指標(ドル円)~
 6日(月)は特になし
 7日(火):      (日)日銀・金融政策発表
 8日(水):27:00 (米)FOMC議事録公表
 9日(木):21:30 (米)新規失業保険申請件数、3月輸入物価指数 他
10日(金):21:30 (米)3月PPI・PPIコア 他

来週は日米の金融政策スタンスの見極めが主な焦点となりそうです。それから、この他にはG20財務相・中央銀行総裁会議やIMF、G7(財務相のほう)といった会合もありますから、それらの動向も念のためチェックしておきたいところでしょうか。

それにしても今週が雇用統計週だっただけに、小粒感は否めませんね(;´∀`) まぁ動きにくそうな相場も予想されますが、そういったことも織り込みつつ、しっかりトレードをして稼いでいきたいところでしょうか。

そして最後に高齢となりますが、今月もキャッシュバックキャンペーンが強化継続中です。ただし、中には終わってしまったキャンペーンもあり、質の良いキャッシュバックが減ってきている現状もあります・・・。

しかしながら、今月から続く増税を乗り越えるためにも、お得なキャンペーンはしっかりと活用して、もらえるものはもらっておきたいところでしょう(`・ω・´)シャキーン

中でも特にお得なワントレード(1回取引)でキャッシュバックがもらえるキャンペーンは

YJFX!(当ブログ限定3,000円紹介記事
FXトレード・フィナンシャル当ブログ限定2,000円紹介記事
トライオート(当ブログ限定15,000円紹介記事
シストレ.COM(当ブログ限定3,000円紹介記事
DMM FX(当ブログ限定6,000円紹介記事
外為ジャパン(当ブログ限定4,000円紹介記事
ヒロセ通商(当ブログ限定1,000円紹介記事
FXブロードネット(当ブログ限定図書券3,000円紹介記事
セントラル短資FX【ウルトラFX】1,000円紹介記事
マネースクウェア・ジャパン(QUOカード1,000円紹介記事

4月は以上の10社が実施中です!ほとんどがこのゆきママのブログだけで行われている特別なキャンペーンなので、ぜひぜひご活用いただければと思います。

上位数社でワントレードするだけで、楽に数万円は稼げてしまうので、このキャッシュバック分だけで普通にFXで運用可能ですし、またキャッシュバック分は負けてもプラマイゼロという気持ちで大きく狙うこともできちゃいます(ノ´∀`*)

とにもかくにも、こういったお得なキャンペーンを有効に活用して、トレードを有利に進める手助けになればと思いますΣd(゚∀゚d)イカス!


とまぁこんなところで今日のまとめとさせていただきます。ちなみに明日は、来週のトライオートの仕掛け情報について記事を書く予定です。忙しくてなかなかトレードができないこともあったりしますが、これらの自動売買をしっかり活用して、今後の収益アップにつなげたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

それでは今週も1週間本当にありがとうございました。また来週もどうぞよろしくお願いします(*´∀`*)


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いしますヾ(*´∀`*)ノ

↓ニャンちゃんにもポチっとな!ゆきママの元気UP!!ヾ(・ω・。`) ゲンキダシテ!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

知っていますか?\_(`・ω・´)シッテル? 今月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!
     スススッ…三(((っ*´∀`*)っ[139,000]ユキチ×ヤク14マイゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×YJFX!紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×トライオート紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×シストレ.COM紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、ご確認下さい。)
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0