【解説】2014年の為替相場を大胆予想してまとめてみた(*´ω`*) ~2013年の回顧と今後の展望~:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【解説】2014年の為替相場を大胆予想してまとめてみた(*´ω`*) ~2013年の回顧と今後の展望~ [市場概況]

今年も残すところあとわずか・・・いろいろありましたが、今日は2013年の為替相場の総決算をしてみたいと思います(*´∀`*) 2013年のドル円・相場を振り返りつつ、2014年はどうなるかについて考えていきます。

というわけで、まずは2013年のドル・円相場をみていきましょう↓

sfx1437.png
↑2013年のドル・円チャート。1ドル=86.54~105.41円での値動き。

まぁ今日の海外市場がまだ終わっていませんが、値幅としては18.87円とかなり大きく円安に傾いた1年でした。年初からの上昇率は現時点で21.2%を記録しており、34年ぶりの大きさとなりそうです(ノ*゚▽゚)ノ ウォォン!!

・日米の金融政策が円安・ドル高の背景

この円安相場の背景にあるのは、日米の金融政策の違いが鮮明となったことでしょう。日本は日銀が2年で2%のインフレターゲットを設定し、今年の4月から年間60~70兆円規模でのマネタリーベースを供給する異次元の金融緩和政策を行っています。

市場に対する資金供給が今のところは上手くいっているので、2%のインフレ目標達成に向けてまずまずといったところですが、関係者の間ではもう一段の追加緩和をしない限りは目標達成は不可能という見方が大勢で、現実問題としてまだまだ量的緩和を行う必要がありそうです。

また、4月からは消費税率引き上げとなりますから、日銀内部でも景気に対する腰折れリスクが指摘される中で、追加の金融緩和策は必然といった流れになってくるでしょう。まぁ日本はここ1~2年は今年と同じか、あるいはそれ以上の金融緩和を続ける可能性が非常に高そうですね(b´∀`)ネッ!

一方でアメリカはどうかというと、ご存知のとおりこの間の12月FOMCで14年1月からの量的緩和(QE3)の縮小が決定しました。14年中にも縮小が終了することが見込まれており、日本とは対照的です。

こういった流れから考えると、日本は今年以上に金融緩和を行い、アメリカは来年に量的緩和を終了するわけで、日米の金融政策の差はさらに拡大するため、もしかしたら円安・ドル高といった流れはさらに加速する可能性もあるかもしれませんΣヽ(`д´;)ノエエー!!

・問題はリスク選好ムードが維持されるか

まぁそこまでいくかはさておき、やはり円安傾向というのは来年も続きそうです。逆に気になる円高要因としては、やはり市場心理といったところでしょうか。

例えば、上の2013年のドル・円チャートを見ると、5月終盤から6月半ばにかけて10円近く急激な円高(ドル安)に傾きました。この値動きの大きな原因の1つは、バーナンキFRB議長が5月22日に「経済が十分に堅調なら緩和規模縮小に着手する」と発言したことです。

さっきはアメリカのテーパリング(量的緩和縮小)はドル高(円安)要因だって説明していたじゃないか!話が食い違ってるぞヽ(`Д´)ノプンプン という方もいるかと思いますが、市場の反応が全く違ったんですよね(;´∀`)

5月に量的緩和縮小をバーナンキがほのめかした時は円高、そして12月に量的緩和縮小を決定したときは円安となった、この反応の違いというのはやはり市場参加者のマインドに他なりません。

要は市場がリスクオフ(回避)に動くか、リスクオン(選好)に動くかという身も蓋もない話になってしまう面もあるのですが、5月の場合はアベノミクスで急激に円売りが進んでいた過熱気味の相場から、金融の引き締めを意識して、急激にリスクオフムードが高まり、一気に熱が引いてポジションを閉じて円高という流れ。

それとは逆に、12月の場合はアメリカの景気回復の表れとして好意的に評価して円安に。対円だけでなく他の通貨に対してもドル高が進んでいることから、どちらかといえば米経済に対する期待感がリスクオンムードを作り出していると言えるでしょう。

というわけで、日米の金融政策の他に市場のムードが大きく影響しているというのはご理解いただけたと思いますが、その雰囲気を何で見ていくかといえば、もちろんお分かりのとおり株価ですよね。とにかく日米の株価が上がっている間はリスクオンで円安・ドル高が進んでいくと考えられますが、ちょっと下がり始めたときには注意しておく必要があるでしょう。

・で、結局はどれぐらいまで進むの?

う~ん、これに関しては難しいですよね(∀`;ゞ) ゆきママの相場感で言うと、110円台はほぼ確実で早ければ来年の早い段階で達成すると思っています。年末にかけてはやはり115~120円台まで達すると見込んでいますが、果たしてどうなるかといったところでしょう。

ちなみに手前味噌になっちゃいますが、ゆきママのトレーダー仲間の話として、ゆきママさんは6月の円高の時にも、異次元緩和で105円台までは行くって言ってましたよね~やっぱり凄いです☆(ゝω・)vキャピというのがありました。

あくまでもゆきママの知り合いの方の発言ですよ!ゆきママはすっかり忘れていましたが、そんなこともあったらしいということでw

・一番気になるのはイエレン新議長・・・

ちなみにゆきママが一番気になっているのは次期FRB議長に内定しているジャネット・イエレン氏の動向です。今のところ、来年1月末に任期満了となるバーナンキ議長に代わって、氏が就任することになっていますが、これによりアメリカの金融政策の方向性がどう変わっていくかということに注目しています。

例えば、バーナンキに関しては今回のテーパリングで有終の美を飾ったように、最後の最後まで有能な議長として任期を終えることになりました。リーマンショック直後という難しいタイミングで議長に就任しましたが、アメリカ経済を思い切った量的緩和により見事に立て直し、最終的にはそれを終える道筋をつけて退任・・・おそらく歴代でも屈指の議長として名を残すことになるでしょう。

逆にバーナンキのグリーンスパンについては、全力で事態を悪化させるとか、リーマンショックの元凶とか、ほんとクソミソに書かれていることでお分かりのとおり、最低の議長として歴史に悪名を残しています。

さて、果たしてイエレンは・・・というのが非常に気がかりな点としてあります。副議長としては優秀でしたが・・・。

とまぁそんなことを考えて、イエレン氏について調べていたら、ちょうどタイムリーなネタが引っかかったので紹介させていただきます(`ω´)グフフ

これまでも度々紹介してきた、インヴァスト証券「シストレ24」で行われているセミナーなのですが、今回はなんとジャネット・イエレン氏のFRB議長就任でアメリカの金融政策はどう変わるのか、さらに過去の交代例を踏まえながらドルに対する影響等くわしく解説とのことなので、ゆきママも興味がある内容だけに非常に期待しています。

本当に偶然検索していたら引っかかったので、この際紹介しておこうと思います。以下、インヴァスト証券(インヴァスト証券「シストレ24」)公式HPからの引用になります↓
sfx1438.png

海外の投資情報が満載!大好評のセミナーです!

 1月9日(木)のWebセミナーは、「広瀬隆雄」氏を講師にお迎えし、ジャネット・イエレン氏のFRB議長就任でアメリカの金融政策はどう変わるのか、過去の議長交代の例をふまえ、ドルに対する影響等くわしく解説していただきます。

 ※当社に口座をお持ちのお客様は、期間中「Myページ」から無料でご覧いただけます

開催日時 2014年1月9日(木) 20時00分~21時30分
内容 「ジャネット・イエレンのFRB議長就任で、アメリカの金融政策はどう変わる?」
【講師コメント】

近くジャネット・イエレンが米国連邦準備制度理事会(FRB)の議長に就任します。これによりアメリカの金融政策はどう変わるのでしょうか?
またドルに対する影響はどうでしょうか?今回のセミナーでは過去のFRB議長交代の際の出来事などを振り返りつつ、これらの点に関して考察したいと思います。
講師 投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLC代表
広瀬 隆雄(ひろせ・たかお)氏
引用ここまで。

口座を持っていれば、無料で視聴できるのが良いですね(b´∀`)ネッ! 最近はこういったオンラインセミナーを実施しているところが多いので、口座を持っているだけでも使える例が多々あるので、入金しないでもセミナーは受けられますので取りあえず持っておくというのも1つでしょう。

中でも特にインヴァスト証券「シストレ24」口座を持っているだけでいろいろな特典が受けられるので、とりあえず口座を開設しておくだけの価値はあると思います(紹介&解説ページ)。

■口座保有者限定のキャンペーン(特典)の一部
・「インヴァスト証券「シストレ24」 Monthly Report」
(無料購読できるオリジナル季刊誌。中身はストラテジー開発者やブロガーへのインタビュー記事、ストラテジー特集などシストレを攻略していく上で、役立つ情報となっています。)
・「FX投資家のための賢い税金の本(電子書籍)」
(無料で閲覧できるサービスを提供。確定申告の基礎的な知識から具体的な申告方法まで丁寧に解説されており、わかりやすくまとまっていますので、確定申告がはじめての方でも参考にできるかと。)

FXの確定申告のための税金本も無料で読むことができますし、さらにセミナーを通して、現在の市場で起こっていることや、これからの相場について知ることもできるので、勉強になりますし、今後のトレードにもつながってくるでしょう。FXをやっていく上では欠かせない要素だと思うので、上手に活用していきたいところですね(b´∀`)ネッ!

↓セミナーやその他特典が充実しています(*´∀`*) 口座の開設はコチラ

このようにここ最近は、口座を持っていると無料セミナーが受けられたりするので、上手に活用していくと良いのかなと思っています(∀`*ゞ)

ちなみにインヴァスト証券「シストレ24」は、ゆきママのブログ限定キャンペーンとして、1,000通貨のワントレードで最大15,000円限定キャッシュバックキャンペーンも実施していますから、ぜひぜひこの機会にということで。もちろんまだまだ間に合います(限定キャンペーン紹介ページ

まぁ限定キャンペーンのほうは申し込み締め切りが2014年末となっているので、十分間に合いますが、このオンラインセミナーは1月9日に口座開設者限定で行われるため、気になる方はお早めに(*´ω`*)

・最後に・・・

最後に例年の流れを見ておくと、基本的に1~3月は好相場が続くことが多いので、まずはこの辺りでしっかりと稼いでおきたいところ。4~6月は転換点となることが多く、注意が必要な時期。7~9月は夏枯れといわれて動きに乏しい。10~12月は年末の大相場へ向けて・・・といった毎年恒例の動きもありますので、この辺を意識しながらしっかりやっていきたいところです。

まぁ長々なりましたが、こんな感じでまとめとさせていただきます。本当に来年も好相場となるようお祈りしています(ノ´∀`*) そして、皆様も稼げますように・・・。

ちなみに夜には12月のトレード結果今年の収支のまとめをアップしていく予定ですので、どうぞよろしくお願いします。それではまた夜に(*´ω`)ノ マタネ♪


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(*´▽`*)ノ

↓ニャンちゃんにもポチっとな!ゆきママが泣いて喜びます(pq′▽`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ

お年玉\_(´∀`)ココ注目!ご存知ですか?今月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ(っ*´∀`*)っ[50000]ユキチ×5ゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×セントラル短資FX【ウルトラFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×サイバーエージェントFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×SBIFXトレード紹介&解説記事へ
SBIFXトレード
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、サイバーエージェントFXセントラル短資FX【ウルトラFX】外為ジャパンインヴァスト証券「シストレ24」ヒロセ通商FXブロードネットマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(7) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 7