為替相場(ドル円)~今週(28~1日)総括と来週の展望~【雇用統計】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

為替相場(ドル円)~今週(28~1日)総括と来週の展望~【雇用統計】 [市場概況]

今週は全体的に値動きが荒いというか、割と動きの出てきた相場となりました。どちらかというとここ最近続いてきた円高が是正され、ややドル高に傾いたと言えそうです(*´ω`*)

その要因はというと、もちろん今週発表された(米)FOMC・金融政策発表でしょう。9月雇用統計を含めたここ最近の重要指標がさえない結果となっていることや、政府機関の一部閉鎖(シャットダウン)により先行き不透明感が強まっていましたが、FRBは前回から景気に対する状況判断をほぼ据え置くというサプライズ的な結果となりました。

市場ではハト派的な内容になると予想され、年内のQE(量的緩和)縮小は絶望的・・・さらには、来年の3月以降が本命であるとの見方が強まっていましたが、ここに来てまさかの12月にテーパリング(量的緩和縮小)開始というシナリオも浮上してきました。

そして、ユーロを売る動きもドル買いをサポートしました。EUの経済指標は全体的に弱めだったことで、これまでアメリカの緩和長期化を睨んで買われてきたユーロが、一転して独歩安状態となりました。一部ではLTRO(長期資金供給オペ)や利下げといった緩和策を期待する声もあり、この辺もドル・円相場に関わってくるでしょう。

そんなわけで、ドル安が是正されて来週はどうなるといったところですが、まずはお待ちかねの(米)10月雇用統計がポイントでしょう。1週間遅れでの発表となりますが、市場としては気になっていたシャットダウン期間中をモロに含んだデータということで、注目が集まります(`ω´)グフフ

もちろんそれほど強くない結果になることは目に見えていますが、この辺は市場の期待感との乖離ということがポイントなので、期待値より強めの結果が出れば、12月のQE縮小開始シナリオを伴ってドル買いということも考えておきたいところです。

sfx1297.png
↑10月28日~11月1日の週。ドル円相場は1ドル=97.44~98.85円

今週の総括:FOMCでの据え置き判断でドル安是正

28日の東京市場は、1ドル=97.50~97.70円台での推移。前週末のNYダウの高騰から日本株高を期待して、ドルを買い戻す動きがあるなど、全体的にはやや堅調な値動きだった。しかしながら、上値も重く伸び悩む展開で日経平均が+300円以上となったのにも関わらず、想定内との見方もあったのか反応は薄かった。
 海外市場は、1ドル=97.50~97.70円台の小幅な値動きに止まった。欧州市場では、アジア株全体がしっかりとした雰囲気を引き継ぐ形で欧州株も堅調な値動きとなり、それに合わせてドル・円も高値圏まで上昇したが、97.70円ラインを抜けきれず、その後はモミ合いに終始。NY市場では、(米)9月鉱工業生産指数が発表され、予想を上回る強い結果となったこともあって、ドル買いが強まる場面も見られたが、その後発表された(米)9月中古住宅販売保留が悪化したことで、再びドル売りに傾くといった値動き。結局、狭いレンジの中上下に方向なく動くといった展開となった。

29日の東京市場は、1ドル=97.40~97.60円台での値動き。序盤から日経平均が冴えない動きだったこともあり、それによってドル・円も押し下げられる格好となった。ただ、中国人民銀行が2週間ぶりに資金供給との報道を受けて株価が反発したことで、上値を伸ばす場面もみられたが、その後は共にジワジワと値を下げた。
 海外市場は1ドル=97.40~98.20円台で堅調な値動きとなりました。欧州市場では、ドルの買戻しが優勢。特に材料のない中での強めの動きで、実需筋主導のドル買いといった面もあった模様。そしてNY市場でも引き続きドル買い優勢で、(米)9月小売売上高など重要指標の結果がふるわなかったのにもかかわらず、ジリジリと上昇した。要因としては、翌日に控えた(米)FOMC・金融政策発表におけるQE縮小先送り観測がかなり織り込まれたとのことで、逆に発表後はドルを買い戻す動きが強まるというのを見越してのドル買いといった側面があった。

30日の東京市場は、1ドル=98.10~98.20円台でモミ合いが続いた。日経平均は大きく上昇して始まったものの、前日のNY市場でドル・円は上げ幅をすでに消化済みといった感じで、それほど反応はなく狭いレンジでの値動き。
 海外市場は、1ドル=98.00~98.60円台でFOMC後に上昇した。欧州市場では、株価が堅調に推移したこともあって、ル・円も強めの動きとなりましたが、FOMCを控えていたことで大きな値動きにはつながらずモミ合いとなった。NY市場では、序盤に(米)10月ADP雇用統計が発表されたが、予想を下回ったためにドル・円も下押しといった流れ。ただ、この日のメインはFOMCということで値動きは限定的。そして(米)FOMC・金融政策発表では、9月とほとんど変わらずでハト派的内容とならなかったことから、発表直前には調整下落をみせていた相場が反転し、急騰するといった値動きとなった。FOMCに関しては、ハト派色が無く、12月からのテーパリング開始シナリオも温存したといったところ。そしてこの結果を受けて、株価が反落したことが影響して伸び悩んだ。

31日の東京市場は、1ドル=98.20~98.50円台でやや軟調な推移となった。序盤からモミ合いで、どちらかというと昨日の流れから巻き戻されるといった動き。また、(日)日銀・金融政策決定会合では、全員一致の据え置き判断となったことや、日銀の強気な発表を市場は冷ややかな目でみたためか、日経平均が引けにかけて下げ幅を拡大したことで、ドル・円も下押しされた。
 海外市場は、1ドル=98.00~98.40円台での値動きとなりました。欧州市場では、日経平均が引けにかけて大きく売られたことなどから上値が重く、流れを引き継ぐ形でジリジリと値を下げた。ただ、売り一巡後は欧州株も反発したことで、ドル・円もやや値を戻した。NY市場では、(米)新規失業保険が発表されほぼ予想通りの水準だったが、(米)10月シカゴ購買部協会景気指数は予想を大幅に上回る好結果となったことで、大きく上昇してこの日の高値を更新した。しかしながら、その後は月末のロンドンフィキシングへ向けて、実需筋からの円買い注文が入ったことで安値圏まで急落するというやや荒い値動きとなった。フィキシング後はドルが買い戻された。

1日の東京市場は、1ドル=97.80~98.30円台で大きく値を下げた。序盤こそ堅調な値動きを見せていた日経平均が、3連休前ということや上値の重さなどが嫌気されて、売り注文が相次ぎマイナスに転じると、ドル・円も急落し98円台を割り込むとストップロスを巻き込みながら一段と下落しました。下落の背景にはユーロ売りの流れもあった。
 海外市場は、1ドル=98.00~98.80円台と大きく反発した。欧州市場では、ドル買い優勢でスタートした。自律反発的にドルが買い戻されたことや米長期金利が上昇したことが背景にあった。NY市場では、(米)10月ISM製造業景気指数が予想を上回ったことで一段高となった。結果が前回とほぼ変わず、シャットダウン中でも製造業の景況感が落ちていないことが示されたことを好感した模様。


来週の展望:やはり雇用統計が最大のポイントとなりそう

今週はFOMCの発表後から雰囲気が変わりましたね(b´∀`)ネッ! QE縮小を先延ばしするような声明が発表されるとの見方が強かったですが、蓋を開けてみれば前回とほぼ変わらず結果に安堵といったところでしょうかε-(´∀`*)ホッ

不安視する声もかなり大きかったですが、まずは様子を見ようというFRBの判断に、市場も緩和の長期化を予想して売り込んでいたドルを買い戻すという動きになって、これまでの下押しトレンドからは開放されて、ニュートラルな状態に戻った感じです。

そして来週は、(米)10月雇用統計(雇用者数・失業率)の発表があります。まずはこれらと、先行指標を含めた重要指標などの結果を見ながら動いていくことになりそうです。特に雇用統計が強めの結果とればQE早期縮小期待も高まるため、相乗効果でより一層のドル買いというパターンも考えられます。ただし、株価との兼ね合いもあるので上値は限られる面もありそうです。

その他には、(欧)ECB・金融政策発表にも目を向けておきたいところです。今週は特にEUの経済指標がかなり悪かったこともあり、ユーロ売りという流れが顕著でした。これを受けて、すでに金融緩和の必要性を指摘する声が出始めており、動向が注目されます。

基本的にいきなり追加緩和という流れはないでしょうが、結果によっては一段とユーロ売りに拍車がかかる可能性もありますので、注意しておきましょう(`・ω・´)

 来週注目の経済指標(ドル円)
4日(月):24:00 (米)9月製造業受注指数
5日(火):24:00 (米)10月ISM非製造業総合景況指数
6日(水):24:00 (米)景気先行指数 他
7日(木):22:30 (米)Q3GDP、新規失業保険申請件数 他
8日(金):22:30 (米)10月雇用統計(雇用者数・失業率)

来週は重要指標が目白押しですね(〃゚∀゚)(゚∀゚〃)ネー とりあえず材料に困ることはなさそうなので、これらの結果を見ていきたいところです。

ちなみにお知らせしていたように、サマータイムが終了し標準時間(冬時間)移行したので、指標の発表時間も1時間遅れとなっていますので、お間違えなく!

とまぁ大体こんな感じでまとめでした。それにしても昨日の日本シリーズ・・・楽天は負けてしまいました(☍﹏⁰)。マークン… 今期無敗だった田中将大投手も初黒星ということで、楽天ファンとしてはあまり考えたくない結果になってしまいました。まぁ巨人ファンの旦那は普通に喜んでましたけどね( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー

しかしながら、まだまだわかりません!今日はいよいよ最終戦です!ここで勝てば全て良しなので、今日も楽天を応援しますo(・`д´・ 。)ガンバ!!

そういえばフェデラーも負けてしまったんですけどね・・・( ´゚д゚`)アチャー それでも復調の兆しというのは見え始めてきたと思うので、今後も頑張って欲しいなと思いました。まぁまずはとにかく楽天ですけどね!

明日は日本は振り替え休日でお休みですが、為替市場は開いているのでゆきママもトレードを頑張る予定です!また明日もどうぞよろしくお願いします。それでは楽天の勝利を祈ってq(*・ω・*)pマタアシタ!


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(*`・ω・)ゞ

↓ニャンちゃんにもポチ!やる気につながります(っ*´∀`*)っヤルキデルー♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
11月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定特別現金がもらえるお得なキャンペーンを実施中ヾ(→ω←)ノ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×SBIFXトレード紹介&解説記事へ
SBIFXトレード
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ひまわりFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、ヒロセ通商FXブロードネットひまわりFXマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(72)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 72

コメント 2

FXぱぱごん(感風)

お疲れ様です!

楽天優勝おめでとうございます(o^^o)

最後はマー君が締めて昨日の溜飲
を下げたといったところでしょうか(o^^o)

いやはや雇用統計のことすっかり忘れてましたf^_^;

今週しだいではドル高103円狙いいくでしょーかね?

というかいって貰わないとこまるんですが(笑)

by FXぱぱごん(感風) (2013-11-03 23:03) 

ゆきママ

>FXぱぱごんさん

ありがとうございます(∩´∀`)∩

楽天は良かったですね。マー君も良かったと思いますが、さすがに最後に投げさせるのは・・・(;´∀`) まぁ勝てたから何もかも良しではありますけどね(b´∀`)ネッ!

ちなみにドル・円相場はどうでしょうかね。株との絡みもあるので、さすがに100円まではいかないと思うのですが、雇用統計の結果次第といった面はありますね。

個人的には良くても100円手前だろうな~とは見ていたりしますが・・・。
by ゆきママ (2013-11-04 11:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0