【100円回復なるか!?】為替相場(ドル円)~今週(19~23日)総括と来週の展望~:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【100円回復なるか!?】為替相場(ドル円)~今週(19~23日)総括と来週の展望~ [市場概況]

今週のメインはやはりFOMC議事録公表でしたね。肝心のQE(量的緩和)の縮小開始時期については残念ながら明確な手がかりはなかったものの、市場は遅くとも年内には始まるということを基本的なコンセンサスとして、早ければ9月ということを織り込んだのか、米長期金利(10年債利回り)は更に上げ幅を拡大させ、それに伴ってドル・円も上昇といった感じでした。

加えて、QE縮小をネガティブに捉えていた株式市場が下げ渋って反発したこともこの動きをフォローする形となっています。まぁ各経済指標もそこそこ良かったことから、景気回復の本格化をにらんだ動きもあったのでしょうε-(´∀`*)ホッ

というわけで、今週は久々に1ドル=99円にのせ、力強い値動きとなっています。株価水準も以前のような史上最高値近辺というわけではありませんし、全体的な過熱感は全く無く、かなりいい感じの相場となりつつあるのではないでしょうか。

そして来週ですが、期待はドル・円が100円台の大台を回復できるかといったところでしょうかね(*´ω`*) まぁあっさり達成しそうな感じもしますが、ゆきママ個人としては再来週の9月6日に発表される、8月の雇用統計を確認してから・・・という気もします。

まぁそれなりに抵抗もありそうなので、感覚として来週中の100円台到達は3割ぐらいかなと勝手に見込んでいますが、もちろん株価や経済指標の結果次第ではあっさりというパターンも考えておきたいところですが。

sfx1127.png
↑8月19日~8月22日の週。ドル円相場は1ドル=96.90~99.14円

今週の総括:QE縮小を織り込んで、円安基調復活

19日の東京市場は、1ドル=97.30~97.80円台でややあわただしい値動き。マーケットオープン直後に日経平均株価が上昇して始まったことを受けて、ドル・円も大きく上値を伸ばしたが、株価がマイナスに転じるとつられて安値圏まで値を下げた。そしてその後は株価の動きと連動する形となり、方向感のないモミ合いが続いた。お盆明けということで参加者も戻りつつあった。また、朝方発表された(日)7月貿易収支が予想を上回る赤字となり、やや材料視されたものの、全体的には材料不足感があった。
 海外市場は、1ドル=97.40~98.10円台での上下。欧州市場の序盤はモミ合いが続いたが、小安く始まった欧州株が下げ幅を縮小したことから、ユーロ買い・円売り優勢となり、ドル・円もジリジリと上昇して98円台に突入する場面も。背景には米長期金利が上昇したこともあった。NY市場では、序盤にNYダウ平均株価が上昇したことから、ドル・円も高値圏まで上値を伸ばした。背景にはQE(量的緩和)の早期縮小を期待する形で金利が上昇して2年ぶりの水準となったこともあったが、それを嫌気する形で株安といった流れになり、株価が下落に転じると、ドル・円も大きく値を下げて結局はレンジ内でいって来いの動きだった。

20日の東京市場は、1ドル=97.10~97.80円台で終盤に急落した。日経平均が値を下げて始まったものの、ゴトー日(5・10)要因もあってかドル・円は底堅い動きを見せて、株価が下げ幅を圧縮するのに反応して高値圏まで上昇する動きをみせた。ただ、後場に入って株価が急落するとドル・円相場も失速し、ストップロスを巻き込みながら大きく値を下げた。
 海外市場は、1ドル=96.90~97.40円台とやや狭めのレンジでの値動きとなった。欧州市場は、東京市場の流れを引き継ぐ形で軟調なスタートとなったもの、96円台には本邦公的年金(GPIF)の買いが控えているとの指摘などもあり、下げ渋ったことで、高値圏まで反発した。NY市場では、ダウ平均株価がオープン直後に15,000ドルの大台を割り込むなどしたため、97円台を割り込んだものの、異様な底堅さを見せて下げ渋ると株価の反発とともに上昇して、その後は狭いレンジでのモミ合いとなった。

21日の東京市場は、1ドル=97.10~97.60円台で乱高下する展開。大きく値を下げた昨日に続き、今日も日経平均が続落すると、ドル・円も大きく値を下げた。ただ、その後は昨日軟調だったアジア株が回復するとともに、日経平均もプラスに転じ、ドル・円相場も急上昇といった株価をにらんでの値動きが続いた。
 海外市場は、1ドル=97.20~97.90円台で大きく上下し荒れた値動きだった。欧州市場はFOMCを控えていたことでポジション調整が入り、謎の乱高下が発生。酷い殴り合いの相場となった。NY市場では、まず(米)7月中古住宅販売件数が発表され、なかなかの好結果となったことからドル買いで反応したものの、FOMCを控えていたことから反応は限定的。そしていよいよ注目の(米)FOMC議事録公表が発表されると、市場はドル高・株安・金利上昇といった初動となった。その後は議事録が中途半端な内容だったことから見方が分かれた、方向感なく97円台後半でのモミ合いが続いた。ただし、相変わらず金利上昇が下支えとなり、株安が上値を抑えるといった綱引きの状態は継続していた。

22日の東京市場は、1ドル=97.60~98.30円台で概ね堅調な推移となった。日経平均株価は昨日のNYダウの下落から、大きく値を下げてスタートしたものの、下げ渋って反転するとドル・円もそれに反応して上昇し、その後は98円台でのモミ合いが続いた。前日のFOMCに関しては明確な手掛かりは得られなかったものの、遅くとも年内縮小開始との見方が大勢で、9月に開始されるとの見方も残っていたことが下支えとなった模様。
 海外市場は、1ドル=98.40~98.80円台の狭いレンジで大きく上下。欧州市場では、東京市場の流れを引き継ぐ形で堅調な値動き。欧州系経済指標が好結果だったことから株価が上昇し、円売り・ユーロ買いなどの流れも波及し、高値を上抜けてストップロスを巻き込みながら上値を伸ばした。NY市場では、序盤に発表された(米)新規失業保険申請件数が予想を若干下回ったことで値を下げたものの、昨日まで下げていた株価が反発したことで持ち直した。ただ、その後は伸び悩んで方向感に乏しい展開が続き、レンジ内いっぱいでの上下を繰り返すといった値動き。

23日の東京市場は、1ドル=98.80~99.10円台と狭いレンジでの上下となりました。序盤からドル買い優勢となり上値を伸ばした。日経平均が大幅高で始まり下支えとなりましたが、伸び悩んだこともあってドル・円相場も一進一退の値動きが最後まで続きました。
 海外市場では、1ドル=98.30~99.10円台で大きく下落する場面も見られた。欧州市場は、序盤こそドル買いが一服して緩んだものの、イギリスのQ2GDPが上方修正されたことで、リスクオン(選好)ムードが強まって、ドル・円も再び上昇し、高値を更新した。NY市場では、一転してドル売り優勢となった。この日発表された(米)7月新築住宅販売件数が予想外に弱い内容となったことで、早期QE縮小観測が後退する形となり、ストップロスを巻き込みながら急落した。


来週の展望:9月のビックイベントを見越して様子見か!?

今週は予想以上に上昇しましたね(〃゚∀゚)(゚∀゚〃)ネェー 注目されたFOMCの議事録に関しては、大したヒントというか方向性の明確さはなかったのですが、むしろその事が功を奏したのか各国の株高基調も復活し、わかりやすい形での株高・円安といった動きになりました。

もちろん、9月にQE縮小が開始されるとの見方も根強く、米長期金利が高水準も維持していたことも下支えとなっています。ただし、長期金利があまりに急上昇すると、今度は債券市場が5月末のようなパニックを引き起こす可能性もあるため、来週もあがり続けるようであれば少し注意が必要になってきそうです。

そして来週ですが、どちらかというとやはり各国の株価がポイントとなってきそうです。基本的にはまだまだ上値余地はあると思いますが、9月始めの超重要指標ラッシュを前に、一旦は利益確定する動きもそれなりにありそうなので、上昇一辺倒という動きは考え難いところではあります(∀`*ゞ)

なので、強気強気というよりは少し様子を見ながらといったスタンスで相場を楽しむのが良いのかな~と個人的には思っています。相場の状態としては悪くないですが、本格化は来月からということになるかと思います。

 来週注目の経済指標(ドル円)
26日(月):21:30(米)7月耐久財受注
27日(火):23:00(米)8月消費者信頼感指数 他
28日(水):23:00(米)7月中古住宅販売保留 他
29日(木):21:30(米)Q2GDP、新規失業保険申請件数 他
30日(金):23:00(米)8月ミシガン大学消費者信頼感指数 他

来週は結構粒ぞろいな感じですね。数もそこそこなので、これらの経済指標が株価にどのような影響を与えてくるかが注目されます。また、欧州発の影響を受ける動きも顕著でしたので、この表には無いですが、トレードする際は欧州系指標も意識しておいたほうは良さそうですね(b´∀`)ネッ!

う~ん、本当に相場はだんだんといい感じになっています。本格化するのはイベントの続く来月からなのでしょうが、9月の流れがうまくいけば、再び大きな円安・株高といった流れが復活すると予想されます。まぁ一応乗り遅れないための準備はしておきたいところでしょう。

それから今月も残すところあと僅かです。そろそろおいしいキャンペーンも終わりが近づいていますので、忘れずに攻略していただければと思います。特にお得なキャッシュバックがもらえるキャンペーンは以下のとおりになっていますので、お見逃しの無いように(*´ω`*)

セントラルミラートレーダー(当ブログ限定最大13,000円紹介記事
シストレ24最大15,000円紹介記事
DMM FX(当ブログ限定最大14,000円
ヒロセ通商(当ブログ限定11,000円紹介記事

特に条件が緩くてもお得なものをピックアップしてみました(ノ´∀`*) まぁ申し込みさえしてしまえば条件を満たすのは来月とか2~3ヶ月以内と余裕はあるので、元手を稼ぐという意味でも良いのかなと思います。

とまぁ今日は大体こんなところでまとめとさせていただきます。来週は本当に株価が上がって欲しいな~なんて思いますが、ちょっと難しいですかねw とりあえずKLabが金曜日にストップ高だったので、明日期待しておきます。明日もS高つけるようなら半分(100株)は売ってしまって利益を確定しておく予定です。

というわけで今週も応援ありがとうございました!来週は株主優待の権利確定日などもあるので、少しその辺も頑張ってみる予定ですので、株初心者のゆきママの動向を、どうぞ暖かく見守っていただければ幸いです。それではまた明日(´∀`*)ノシ 


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(人・ω・*)

↓ニャンちゃんにもポチ!やる気につながります┗(`・∀・´)ヨッシャ!
ブログランキング・にほんブログ村へ
8月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金為替本がもらえるお得なキャンペーンを実施中((*´∇`*))ゞ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラルミラートレーダー紹介&解説記事へ
  ゆきママ×上田ハーローFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、セントラルミラートレーダー上田ハーローFXFXブロードネットヒロセ通商マネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(57)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 57

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1